失敗した話

EXIT!フィリピン人ルームメイトとの生活が破綻しそうな件 DAY.601

スポンサードリンク
ミャンマーにいますが、現在フィリピン人の友人と同居しています。
そして、その生活が今破綻しようとしていますww

遂に破綻した!外国人(フィリピン)との共同生活

IMG_6563
今年3月から約4ヶ月間フィリピン人の友人と生活しています。
残念なことに同棲ではなく同居なので男。
話は今朝。
また1日が始まった。
新しい1日。
さあ今日も仕事頑張ろうと思って、台所にいくと

また彼が残した食器がズラリ。

まあいつものことなので、もうこの4ヶ月間でこの生活に慣れた私は、プロメイド並の速度で洗いきる。

しばらくして、彼が起きる。

すかさず私が一言。

「Please wash!」

まあこれもいつものやりとりなので、彼が学習することはそこまで期待せず、言うだけ言っておいた感じ。

するといつもは「ハイハイ」みたいな態度だった彼が今日は違った。

「君は別のルームメイトを探すべきだ!もう俺のプライバシーに関わらないでくれ!もう俺は何も言いたくない」とかなんとか。(かなり丁寧に訳しています)

要するに逆切れされたんですが、けっこう本気だったみたいで、今の部屋を紹介してくれた人(ミャンマー人)にも既に相談がいっていて、彼は既に部屋を探してもらうように依頼されていたそうで。

そんな訳で生活が破綻しそうな状態なのです。

「節約・英語・助け合い」一石三鳥だと思った新生活

IMG_6560
彼とは昨年の10月頃フィットネスジムで知り合って、彼が部屋を更新するタイミングが、私とたまたま同じだったことで、今年3月から一緒に住むことになりました。
私がなぜミャンマーにきて、わざわざフィリピン人と同居したかというと、
1.家賃・光熱費が節約できる
2.彼と英語が毎日話せる
3.助け合える(慣れない土地でお互い外国人だから)
という理由でした。
で、実際のところどうだったかと言えば、
1.家賃・光熱費が節約できる→たしかに節約できた。多分20万円くらいは節約になった。
2.彼と英語が毎日話せる→お互いの共通言語の英語でしか、コミュニケーションできない環境だったから、英語学習にはなった
3.助け合える(慣れない土地でお互い外国人だから)→たまにお互い愚痴ったり、飯を一緒に食べたり、笑ったり
いろいろ助けあったきたと思う。
このように期待していたことは8割方、得られたと思っています。
では逆に何が期待を大きく下回る結果となり、現在の「ほぼ破綻」へと至ったか。

「清潔感・学習力・歩みより」致命的となってしまった為EXITへと至った

冒頭の「皿洗い指摘」のくだりだけだと、私が変質的な潔癖主義者のA型かと思うかもしれませんが、A型であることを除いて
そうではないことをご理解頂きたい。
ただ一定の清潔感がないと私は無理です。
例えば、
IMG_6559
これくらいの洗い物くらいなら良いのですが、食べ残しそのまま。ビール飲みっぱなし。平気で3日前のコーヒーとか、さも自然に4日前の食物らしきものが、食器の影に潜んでいたりとか。このように私が何もしないと、ザ・雑な漢2人暮らしの教科書になってしまうんです。彼がまっっっっったくそのへんの清潔の意識が、私とおおおおおおきく異なるから。
そういうのがあると、虫とかわくので個人的に「虫」はNGなんです汗 虫は無理。
だから同居当初は、
IMG_6571
漢2人のむさ苦しい部屋にはルールが必要だ。と思った私は、このようなメモを貼ったりしました。
次に期待を大きく下回ってしまったことが、彼の学習力です。
IMG_6566
こういうのとか。
IMG_6570
こういう散らかしっぱなしのゴミとか。
IMG_6562タバコの空箱とか。
IMG_6568放置した異臭を放つw服とか。
なんかもう彼(ちなみに34くらいで年上)の母親か父親になった気分で、当初は指摘していたのですが、残念なことに彼には
そういったことに無関心で、学習して次はキレイにしようとか、そういうことはありませんでした。アーメン。
IMG_6569最後のとどめが歩み寄り。
・育ってきた環境も国も何もかも違う
・お互いの違いを楽しむくらいの意識で相手を尊重する
・お互いの意見を聞く。そして歩み寄る(調整する)
こういった意識が大事なんだろうな〜思い、新生活に望んだわけですが、残念ながら私も彼も歩みよる姿勢が足りなかったのです。

ルームメイト選びは慎重にw

さっき部屋の写真を撮っていたら見つけた、有名観光地ゴールデンロックの模型。

IMG_6564ただ誰が置いたのか分からないw

それはさておき、さんざんディスっておいてなんですが、彼にはなんだかんだ感謝しています。
なんせ今の住居は彼からの紹介でした。
今のコンドミニアムはすごく気に入っているので、部屋を変えても今後住みたいと思うくらい。
スポンサードリンク

 

【こちらの記事も合わせてどうぞ!】
スポンサードリンク
富田 博之

富田 博之

投稿者の記事一覧

富田 博之(とみた ひろゆき)
ミャンマー現地採用(日系ミャンマー現地法人責任者)。
ミャンマーの人口最大の都市ヤンゴンで、2015年7月1よりコンサルティング事業立ち上げ業務に参画中。1986年9月生まれ。寅年、天秤座、A型。東京都西東京市出身、埼玉県所沢市育ち。

関連記事

  1. 365日毎日家計簿!今月は14万円弱でした。ミャンマー現地採用の…
  2. フリーダイヤルには電話できない!毎月1274円Microsoft…
  3. ミャンマーのTopupカードチャージ失敗!カスタマーセンターとの…
  4. ミャンマーのホームセンターPRO1が予想の斜めを上をいくものだっ…
  5. ミャンマーの洗礼!2日目で食あたり。更に水、電気止まった DAY…
  6. 年会費10800円の楽天プレミアムカードのメリット3点 DAY.…
  7. ミャンマーでヒンドゥー教のお祭りに出くわした件 DAY.256
  8. ミャンマーの電気代の払い方を解説します DAY.363

お問い合わせ

仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はhirovana09@yahoo.co.jpからお願いします!!
PAGE TOP