暮らしの話

海外にいると顔つきまで外国人っぽくなる法則 DAY.479

ミャンマーではもっぱら中国人に間違えられ、たまに韓国人、まれにベトナム人と勘違いされる私です。

山の手線でタイ人旅行客からタイ語で話しかけられてしまった時まごついた

環境が人を創ると言います。

タイトルにあるように、たった9ヶ月でも海外に暮らしていると、こう顔つきまで変わってくるんでしょう。これは間違いありません。

一時帰国後2日目早々、山の手線に乗ろうとしたら、思い切りタイ語で成田から国に帰るらしいタイの方々に、タイ語で話しかけられ、まごついてしまいました。

どうやら在日タイ人だと思ったようで、思わず彼らは聞いてしまったようです。

タイはミャンマーの隣の国。顔つきが似ていたのか定かではありません。

英語で説明したあと「良い旅を」と英語で締めて見送った後、ひとり自分の英会話力の成長にニヤニヤしながら座っていた私は、はたから見たらキモかったことでしょう。

今日は停電が激しいのでこのへんで。

【こちらの記事も合わせてどうぞ!】
富田 博之

富田 博之

投稿者の記事一覧

富田 博之(とみた ひろゆき)
ミャンマー現地採用(日系ミャンマー現地法人責任者)。
ミャンマーの人口最大の都市ヤンゴンで、2015年7月1よりコンサルティング事業立ち上げ業務に参画中。1986年9月生まれ。寅年、天秤座、A型。東京都西東京市出身、埼玉県所沢市育ち。

関連記事

  1. ミャンマーでは水道のレバーを切り忘れると大変なことに。。 DAY…
  2. 三丁目の夕日!ミャンマー(ヤンゴン)のリアルな暮らしをお届け D…
  3. 160,000円!【ミャンマー現地採用の家計簿】9月レポート …
  4. 海外で働くと日本のことに疎くなる?それはあり得ません DAY.3…
  5. 僕は君たちに椅子という凶器から腰と尻を守るクッションを配りたい …
  6. バンコクで現地採用者の将来の不安について考えてみた DAY.20…
  7. これは便利!出前サービス「Yangon Door 2 Door」…
  8. 新入社員の君へ。大丈夫、すぐに慣れる DAY.467

お問い合わせ

仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はhirovana09@yahoo.co.jpからお願いします!!
PAGE TOP