ASEANの話

ミャンマーは80位! 仁義なきASEAN10ヶ国パスポート格付け DAY.464

スクリーンショット 2016-03-26 23.25.19

日本国内にいると特に意識しませんが、海外にいて命の次に大切なものは何かと聞かれたら何と答えるか?

それは異国の地で外国人が何者かを証明するモノ。

jp

そう。パスポートです。

パスポートとはそもそも何か?

パスポート: Passport)又は旅券(りょけん)とは、政府ないしそれに相当する公的機関交付し、国外に渡航する者に、国籍及びその他身分に関する事項に証明を与え、外国官憲保護依頼する公文書である。

そう。パスポートはれっきとした公文書です。
その為、外国人はパスポートを失う=自分を証明するモノがなくなるので、その状況は最も避けたい事態です。
私は過去パスポートをなくしたことは、自分の記憶にある限りではないですが、想像するだけでも恐ろしいことです。
その大事な大事なパスポートですが、世界各国のパスポートを、格付けしている機関があることは知っていますか?

パスポートの格付け機関 Passport Index

スクリーンショット 2016-03-27 23.39.56

世界各国のパスポートを、ある指標を基にで格付けしている機関がPassport Indexです。(実際にどういった運営団体か不明)

そのある指標とはビザ(査証)です。

査証(さしょう)又はビザ: visa: visa: Виза西: visa: 签证)とは、国家が自国民以外に対して、その人物の所持する旅券が有効であり、かつその人物が入国しても差し支えないと示す証書である。多くの国では入国を保証するものではなく、入国許可(上陸許可)申請に必要な書類の一部となっている。大多数の国が同様の制度を運用しているが、同時に一定の条件内で査証免除が行われている場合が多い。

 

パスポートが国籍や身分を証明する証明書である一方で、査証とは自国の政府が、「入国しても問題ない人ですよ」と証明してくれる許可証みたいなもの。

ビザ(査証)免除の意味とは

永住権や欧州連合加盟国などを除き、ビザの免除の有無は当該国間の友好関係、商業関係が関連します。ひらたく言えば旅行者がビザ免除かどうかで、当該国間が、どれだけ関係が深浅かを読み取ることができると言えます。

更に言えば、ビザ免除の国が多ければ多いほど、その国の国際社会における外交力、経済力、軍事力等が高いと言えるでしょう。

最強のパスポートと日本の格付け

海外によく旅行に行く方なら分かると思いますが、ビザがあるかないかは旅行する上で、非常に重要な要素ですね?

ビザをわざわざ取るのは面倒なのです。

そのビザを基に仁義なき格付けの結果、世界最強のパスポートはどの国だったかというと、

uk

us
堂々の第1位はUKとUSA。

さすが世界で最も影響力が高い国、ツートップがランクイン。これらの国の人たちは世界147の国に、ビザなしで入国することができます。

気になる日本はというとフィンランド、デンマーク、オランダなどと並んで、

第4位(世界143ヶ国)。やるな日本!

日本のパスポートホルダーなら、だいたいの国はビザなしで行けると聞いていましたが、たしかに我々はこういった点では、非〜常に恵まれた国と言えます。

ASEAN10ヶ国のパスポート格付け

2015-11-27-18.21.37

それではこれから本題の、ASEAN10ヶ国(ミャンマー含む)パスポートの、仁義なき格付けを発表したいと思います。

上位から順々に。

※国名 ランク(ビザなしで入国できる国の数

1.シンガポール 第4位(143ヶ国)

sg

2.マレーシア 第7位(140ヶ国)

my

 

3.ブルネイ 第18位(125ヶ国)

bn

4.タイ 第55位(63ヶ国)

th

5.フィリピン 第57位(61ヶ国)

ph

前半を終えてどうだったでしょうか? ブルネイが上位20位にランクインが意外でした。

6.インドネシア 第60位(57ヶ国)

id

7.ベトナム 第66位(51ヶ国)

vn

8.ラオス 第71位(46ヶ国)

la

9.カンボジア 第73位(44ヶ国)

kh

10.ミャンマー 第80位(28ヶ国)

m

市場解放もASEAN加入もここ数年のミャンマーは、南スーダンやソロモン諸島と同じ80位でした。

余談

スクリーンショット 2016-03-26 23.26.48 スクリーンショット 2016-03-26 23.26.55 スクリーンショット 2016-03-26 23.27.05 スクリーンショット 2016-03-26 23.27.12

世界のパスポートの色はこのように、赤・緑・青・黒と大きく4色に分けられます。うんちくに使えるかも!

【こちらの記事も合わせてどうぞ!】

 

富田 博之

富田 博之

投稿者の記事一覧

富田 博之(とみた ひろゆき)
ミャンマー現地採用(日系ミャンマー現地法人責任者)。
ミャンマーの人口最大の都市ヤンゴンで、2015年7月1よりコンサルティング事業立ち上げ業務に参画中。1986年9月生まれ。寅年、天秤座、A型。東京都西東京市出身、埼玉県所沢市育ち。

関連記事

  1. 2016-03-31 08.31.54 月額1人30USD!地元ノマドにも優しいコワーキングスペース「P…
  2. 2015-06-23 17.37.27 ミャンマーは幕末だ!e-Education「林直人」さんにミャン…
  3. viber.001 ミャンマーでシェア50%以上!世界6億人のユーザー数を誇るVib…
  4. watashinosanjyuppunurimasu.001 空き時間があるなら自分の能力をタイムチケットで売ってみよう!30…
  5. myanmar phone company.001 ミャンマー3大通信会社のインターネットパック比較 DAY.24…
  6. 2015-07-25 12.59.57 バンコクで現地採用者の将来の不安について考えてみた DAY.20…
  7. 2015-07-02 11.29.24 【2015年決定版】ミャンマーでSIM購入から使用するまで完全解…
  8. 2015-10-04 16.07.18 ロッカー不毛地帯バンコクで荷物を預けるならH.I.Sバンコク D…

お問い合わせ

仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はhirovana09@yahoo.co.jpからお願いします!!
PAGE TOP