ミャンマーのリスクの話

ミャンマーで観光で行った時に食事で心得ておきたいこと5個 DAY.358

7月1日からミャンマーにきて、先々週食事が原因で、2回目のダウンに見舞われました@Hiroyuki9Tomitaです。

ツイート見ていても、旅行や出張で来る方は、やられる方が多かったりします。これは洗礼ですね。

三つ目のは笑ってしまいましたが、これ本当にあることなんですよw。たまに旨いもの食べると腹痛くなるケース。

今回は旅行や出張で来られる方向けにその心得を書きます。

ミャンマーの食事の心得5個

2015-09-06 16.25.03

1.コップ、食器、スプーン、フォーク全てティッシュで拭いてから手をつける

こっちの洗い方はヤヴァイところが大半です。気休めでしかないですが、やらないよりマシ。

2.火が通っていないものは極力食べない

生ものとかもってのほかです。食べたいけど

3.ローカル系屋台、ローカル系食堂では絶対に食べない

挑戦」することも大事ですが「挑戦しない」ことも時には大事です。こっちで生まれ育ってきたローカルの人達と、基本的な耐性力が蟻と象、天と地、ヤムチャとフリーザ様スライムとゲマ位の、開きがあると思って間違いありません。「慣れる」という言葉も受け付けません。大人しく外人向けのレストラン行きましょう。そこでだって十分ミャンマー料理を楽しめます

4.10秒ルールは通用しない。ダメ。ゼッタイ。

日本からきた私のアホな友人が10秒ル〜ルとか言って、床に落ちたスナック菓子拾って喰おうとしたので、全力で止めに入ったことがあります。本当は張り飛ばしてやろうかと思いましたが。

10秒ルールとか通用しません。常識通じません。拾ったものは食べちゃいけないとお母さんが言っていたでしょう。

5.必ず洗礼は受けると覚悟しておく

これを言ったら元も子もないんですが、どんなに注意していても十中八九、軽い腹痛やPPくらいにはなると思います。アジアフリークならまだしも、日本から初めて出張で東南アジアきたよみたいな方だと、ほぼほぼ当たります。そうならないことが一番ですが、腹痛やPPがきた時は「これはミャンマーの洗礼だ」と思いましょう。

よほどのことでない限り重症にはならないので大丈夫です。

富田 博之

富田 博之

投稿者の記事一覧

富田 博之(とみた ひろゆき)
ミャンマー現地採用(日系ミャンマー現地法人責任者)。
ミャンマーの人口最大の都市ヤンゴンで、2015年7月1よりコンサルティング事業立ち上げ業務に参画中。1986年9月生まれ。寅年、天秤座、A型。東京都西東京市出身、埼玉県所沢市育ち。

関連記事

  1. 満足度80点!フィットネスジムMove myanmarに入会して…
  2. シュエダゴンパゴダは西側から入るべし。なぜならエスカレーターで楽…
  3. 豪華クルーズ船で満喫!「Vintage Luxury Yacht…
  4. ヤンゴン注目宿「SCOTT」31st Upper。ここは一度泊ま…
  5. 消耗品も免税で得しよう! ドラッグストアで一時帰国中にお買い物 …
  6. Zumba!ラテンなリズムで踊るエクササイズが楽しい DAY.3…
  7. ミャンマーのオススメの宿HOTEL K YANGON。ここは人に…
  8. 直行便13万円、乗継便8万円。ミャンマーの水祭り時の帰国便の航空…

お問い合わせ

仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はhirovana09@yahoo.co.jpからお願いします!!
PAGE TOP