移動の話

危険物!?ミャンマーのタクシーの荷台に積まれたタンクの正体 DAY.356

ミャンマーにきて初めてこれに出くわした時には、本気でビビりました。

2015-11-12 17.00.04

ショッピングセンターの近くの観光客も多い場所で、私はそれを見た瞬間「これ爆発物なんじゃないか!?」と、真面目に走ってその場から退避しました。

いやだって大型トラックとかなら分かりますけど、日本で普通あり得ないじゃないですか?

タクシーの荷台に、ガスタンクみたいなものが積んであるなんてこと。

何も知らない私はテロかと思ってしまいました。

CNG(圧縮天然ガス)

 

で、調べてみるとあのタンクは、爆発物でも何でも無くCNG(圧縮天然ガス)という、燃料でした。

バングラデシュやミャンマー、インドネシアなどアジアの多くの途上国ではガソリンスタンドを除けば、日本ではあまり見慣れないエネルギーに出くわす。「CNG(圧縮天然ガス)」だ。

これは天然ガスをタンクに詰めたもの。LNGがマイナス162度まで冷却し、およそ600分の1まで体積を圧縮しているのに対し、CNGは気体のままなので、200~250分の1までしか圧縮できない。ただ、ガスを液化したり、特殊なタンクでためたりするコストに比べ、CNGははるかに低コストで、手軽なガスの利用法だ。

ソース:日経新聞〜途上国で天然ガス「地産地消」 日本の技術生かせ 

こういう事情を知らないと、私のように勘違いすることになります。また一つミャンマーについて詳しくなれた。

富田 博之

富田 博之

投稿者の記事一覧

富田 博之(とみた ひろゆき)
ミャンマー現地採用(日系ミャンマー現地法人責任者)。
ミャンマーの人口最大の都市ヤンゴンで、2015年7月1よりコンサルティング事業立ち上げ業務に参画中。1986年9月生まれ。寅年、天秤座、A型。東京都西東京市出身、埼玉県所沢市育ち。

関連記事

  1. 世界の車窓からミャンマー編。ヤンゴン環状線でのんびり観光 DAY…
  2. 全長45kmヤンゴン環状線の旅!4時間かかってようやく到着 DA…
  3. 【朗報】ヤンゴン国際空港の出発ラウンジでプライオリティパスが使用…
  4. 0.2%の確率。ミャンマーの女性タクシードライバーに遭遇した件 …
  5. カフェ不毛地帯のヤンゴン国際空港ではシンガポール発Ya Kun …
  6. ミャンマーでタクシーに乗る時役立つ豆知識まとめ オフライン編 D…
  7. ミャンマー版Uber「Hello Cabs」ヤンゴン空港→ダウン…
  8. ヤンゴンで自転車とバイクが使えたらと妄想したくなる DAY.34…

お問い合わせ

仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はhirovana09@yahoo.co.jpからお願いします!!
PAGE TOP