暮らしの話

ミャンマーのコンビニの現状。日本のコンビニの素晴らしさを思い出した DAY.340

3ヶ月もミャンマーにいると、こっちの生活がすっかり「日常」になります。

日本にいた時は日常的に、コンビニに1日2回くらいは行っていました。

日本のコンビニ

今考えると、日本のコンビニのクオリティって世界レベルなんじゃないかと思います。

例えば、

・食料品、日用品、雑貨、小物、雑誌など生活物資はとりあえず全部揃っている

・ATMがあってお金が引き出せる

・複合機があってコピーやスキャンができる

・販売機(ロッピー的な)で電車やライブチケットの予約をできる

うちの地元だと、

・図書館の本の受け取りができる

・Amazonの荷物受け取りができる

・宅配日の出荷ができる

何より、コンビニのPB(セブンプレミアムとか)の「食」のレベルが昔と比べて、非常に上がりましたよね。

東京で働いていた時は、2日に1回ペースで冷凍のたこ焼き、パスタ、メロンパン、お菓子とか買っていました。

下手なお店よりも、コンビニのお弁当の方が美味しかったりする。

ミャンマーのコンビニ

ミャンマーでもコンビニはあります。
2015-10-13 20.16.23近所のコンビニ。
2015-10-13 20.16.39こっちは賃料が高いからか、ダウンタウンのコンビニは結構狭いですね。
2015-10-13 20.16.48
一応色々置いてあります。
2015-10-13 20.17.14-1先日冷蔵庫に缶コーヒーがあって、少し驚いてしまいました。

こっちの人は缶コーヒーなんて飲まないので。基本そのへんの喫茶店か露店で飲んでいます。

こっちのコンビニは、まだまだ何でも揃っているわけではありません。

もはや自分にとって非日常となった、日本のコンビニの素晴らしさを思い出しました。

富田 博之

富田 博之

投稿者の記事一覧

富田 博之(とみた ひろゆき)
ミャンマー現地採用(日系ミャンマー現地法人責任者)。
ミャンマーの人口最大の都市ヤンゴンで、2015年7月1よりコンサルティング事業立ち上げ業務に参画中。1986年9月生まれ。寅年、天秤座、A型。東京都西東京市出身、埼玉県所沢市育ち。

関連記事

  1. 5月の現地採用の家計簿は10万でした。まだまだ高い生活費 DAY…
  2. EMSで最速3日!日本〜ミャンマー間の急ぎなら使える。でも高い。…
  3. 1回1150円。ビルマ語家庭教師のオススメの勉強方法まとめ DA…
  4. ミャンマー現地採用の私がブログ運営で実践していること厳選10個ま…
  5. 【感染症対策】まだ蚊で消耗してるの?蚊帳さえあればミャンマーで安…
  6. 3月は15万強!あと引っ越しました。現地採用の家計簿 DAY.4…
  7. 海外によく行くMacユーザーなら月1300円のOffice 36…
  8. 10月は10万円の支出でした。ミャンマー現地採用の家計簿 DAY…

お問い合わせ

仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はhirovana09@yahoo.co.jpからお願いします!!
PAGE TOP