暮らしの話

ミャンマーで朝型になれる2つの理由 DAY.296

ミャンマーNo.1の早起き界のファンタジスタこと@Hiroyuki9Tomitaです。
いや〜まさかまさか、夜更かし大好き、二度寝大好きだった私がですよ、今何時に起きていると思いますか?
知らねえってか興味ない」っていうのはなしで。
1.6時
2.5時
3.4時



答え

4時

ちなみに何時に寝ているかというと。

22時です。

きっちり6時間睡眠でございます。

なぜここまで朝型になれるのか?

理由その1:停電が起きる

早起きが良いか悪いかはおいておきますが(良いことしかないのですが)、正直ミャンマーでこんな「超」朝型生活になるとは、思ってもみませんでした。

それはヤンゴンの住宅事情に関連しています。

そう。

まだまだヤンゴンでも、停電や断水があったりするんですね。

これは住んでいるエリアや、住居タイプ(アパート,コンドミニアム,サービスアパートメント等)によります。

2015-10-12 20.05.10写真が下手すぎるんですが、これは通り一帯が、停電になっているということ。
2015-10-13 12.02.03

これは昼間ですが、一時的に電気、空調設備全てストップしました。

電気が止まってしまうので、ある意味何もできなくなります。

理由その2:インターネットが使えない

とはいえ、ネットが使えればまだ良いのですが、家でテザリングしてインターネットをしようと思っても、スクリーンショット 2015-10-13 21.11.08

使えない日が多い。という状況なので、

結論「早く寝る→早く起きる」ということになります。シンプルですw

もちろんたまには、誰かと外食したりすることもありますが、何もない日はさっさと寝る。

7月、8月は6時起き位でしたが、夜より早朝の方が、体調も気分もネット環境も良いのです。

ということで、停電が多いヤンゴンは大変だとよく言われますが、生活リズムを朝型(超朝型も可能)にしたかったら、これはむしろ「最高」の環境なんじゃないかと。

ちなみに夜のダウンタウンの様子。
2015-10-10 19.48.51みんなでサッカー見てますね。サッカーはミャンマーの人気スポーツ。
2015-10-12 21.46.48

こんな風に子供達が、道をサッカーコート代わりにw。

公園とか解放してあげればいいのに。。

富田 博之

富田 博之

投稿者の記事一覧

富田 博之(とみた ひろゆき)
ミャンマー現地採用(日系ミャンマー現地法人責任者)。
ミャンマーの人口最大の都市ヤンゴンで、2015年7月1よりコンサルティング事業立ち上げ業務に参画中。1986年9月生まれ。寅年、天秤座、A型。東京都西東京市出身、埼玉県所沢市育ち。

関連記事

  1. ヤンゴンのチャリンコ出前サービスYangon Door2Door…
  2. インターネットを開設したい!なら「Myanmar Net」とか一…
  3. まだ糖質制限してないの?ミャンマーでチャレンジ中 DAY.272…
  4. Panorama Hotelの2階レストランで1デバイスでWif…
  5. 歯の治療代$40!ミャンマーで元東京医科歯科大学の先生に診てもら…
  6. Happy Hallowe’en!パーティーグッズを…
  7. ミャンマーで暮らす為の初期費用はローカルタイプで最低60万円也 …
  8. ミャンマーの総合スーパーOCEANでダンサーと出会った話 DAY…

お問い合わせ

仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はhirovana09@yahoo.co.jpからお願いします!!
PAGE TOP