失敗した話

ミャンマーのタクシーにiPhoneを置き忘れ!その結果レポ DAY.198

2015-07-14 15.26.29

 

ミャンマーお土産シリーズ。「ほほの白い恋人」。

さて、ミャンマーに行ったことがない人からすると、軍事政権だったイメージが強い為か、「ラストフロンティア」と注目されるようになった今でも、治安があまり良くないイメージを、持たれている方もいらっしゃると思います。

確かに外務省の安全情報を見てみると、

2015年04月21日

渡航延期勧告
渡航の是非検討
十分注意

●シャン州コーカン自治地帯:「渡航の延期をお勧めします。」(引き上げ)
●カチン州ライザー周辺:「渡航の延期をお勧めします。」(継続)
●カチン州(除く,ライザー周辺):「渡航の是非を検討してください。」(継続)
●ラカイン州:「渡航の是非を検討してください。」(継続)
●シャン州コーカン自治地帯,カチン州,ラカイン州を除く全土:「十分注意してください。」(継続)

渡航延期勧告まで出ているので仕方ありませんね。

私も今月からこちらで働き始めるまで一度も渡航経験がなく、安全だと聞いていましたが、やはり不安は不安でした。

3週間過ごしてみてどうかというと、私が暮らしているヤンゴンに関しては、東南アジアの中でも、かなり治安は良い方だと実感しています。

更に、東南アジアでよくある、ぼったくり、盗み、ひったくりといった話も、私の周りではあまり聞きません。自身も今のところ未経験。

と、少しミャンマーに慣れてきたと思ったら、先週やってしまいました。

iPhoneをタクシーに置き忘れ

その日。

お客様を伺う為に、いつものようにタクシーに交渉してから乗りました。
2015-07-18 12.00.40

ドライバーはミャンマー人には珍しく、陽気な雰囲気で名前は「ウィン」と言っていました。

フロントには日本の国旗含めた、各国の国旗がズラリ。

「ミャンマーはピース(平和)だから掲げているんだよお客さん」と、そんなことを言っていたような気がします。

その後も、「どこからきたの?」「ジャパンはいいよね」「今度この近くでイベントがあるんだよね」と、こちらが聞かなくても、話好きなのかサービス精神旺盛なのか、しゃべってくれました。

そんなウィンさんタクシーが目的地につき、支払いをして降りました。

そして、そのお客様が入居するビルに着いて、歩いてしばらくしてから、気付きました。

あれ?iPhone。。

ない。ない。ない。

ヤバイ置き忘れた。。。。

時既に遅し。

「ミャンマーに少しだけ慣れて気が緩んでいたから。。」

「iPhoneがないと次のアポ先が分からない。。」

「もうあのiPhoneは戻ってこない。。」

後悔と失望と焦り。

もうiPhoneは戻ってこないのか?

いくら治安が良いミャンマーでもさすがに戻ってこないのか!?

iPhone探す

838114172364ecbbd88a02ef81f0925d

アポイントの時間も迫っていたので訪問して商談。その商談の終了後帰り際にお客様(日系企業)に事情を説明。

有り難いことにWi-FIを貸して頂き、ミャンマー人スタッフの方が、自分のiPhoneに電話してくれました。

ただ、電話して貰ったところ、誰も電話に出ない。。

ここであるアプリを思い出す。

icon175x175

その名も「iPhoneを探す」。

その時は「もしかしたら、家に置いてきたのかもしれない」と、希望的観測を持ちつつ「探してみた」結果。

iほ.001

しっかり動いてました。(赤い丸がiPhone)

タクシーに置き忘れたので当然そうですよね。

がっかりしましたが、冷静にまずは紛失モードにして、

スクリーンショット 2015-07-18 11.00.26


dあ.001

連絡の取れるヤンゴン在住の、先輩の番号とメッセージを書きました。

5分位してから、スクリーンショット 2015-07-18 11.03.32

 

iPhoneの電源が切れました。

「これはつんだな。。」と思い、

陽気なミャンマー人ウィンの顔を思い出し、「あのオヤジ。。。iPhoneを売っ払う気か」と恨みそうになっていたら。

ミャンマー人スタッフの方が、奥から出てこられて電話していて、

「見つかったそうです!!ドライバーがこちらに届けてくれるとのことで」

きた!!!と思わず、叫びそうになりかけましたがここはミャンマ−。安全だと言われる都市ヤンゴンでも、スマホをタクシーに置き忘れ、

ドライバーが「携帯を返して欲しかったら金をよこせ」と脅された。

という、物騒な話もあり、実際に数万円単位を、泣く泣く渡した人もいるとのこと。しかもこれミャンマー人同士の話だそうで。

親切なお客様が、「ドライバーが高額な料金を請求してくる可能性もあるので、その時はすぐに私に電話してください」と言って頂きました。

ドライバーがくるまでは待たせて頂き、1時間半くらいしてドライバーから、「着いた」との連絡が入りました。

ドライバー「ウィン」と対面

陽気なドライバー「ウィン」は本当に現れるのか。

実際に手元にiPhoneが戻るまでは安心できません。

と思って少し待っていたら、

2015-07-18 11.59.47

きました。

2015-07-18 11.59.50

ウィンです。

ここから交渉するのかと思ったら、

ウィン「はい!iPhone!探したんだぜお客さん!」

と、再会して3秒くらいであっさり渡してくれました。

しかもそのまま、

ウィン「じゃ!気をつけるんだよ、ブラザー!」

ウィンが最高に気持ちの挨拶をして、あっさり帰っていくではありませんか。笑

私「ちょっと待ってくれ!!!汗」

と呼び止め、次のアポイント先まで、乗せてもらうことにしました。

車内で聞いたところ、

・iPhoneがあることに気付いて、すぐにビルに戻って待っていた

・私の先輩にすぐ電話したが、話が通じなかった

・渋滞していて時間がかかった。すまん

という全面的に私が悪いことを少しも指摘せず、陽気な調子で話すウィン。

今まで出会ったミャンマー人であなたが最高に良い人です。ウィンさん。

その後降りた先で多めに支払いをしました。

まとめ

ということで、お客様とドライバーウィンのお陰で、無事にiPhoneは戻りました。

以後気をつけます。

今回は有り難いことにiPhoneは戻ってきましたが、最近はヤンゴンでも軽犯罪が増加傾向にあり、外国人は狙われやすいとのこと。

悪いドライバーもいるみたいなので、お気をつけ下さい。

今日も狂って生きましょう。
ぶれない!投げない!止まらない!
挑戦こそ我が人生!!
||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
【編集後記】
良い人で良かったです。
富田 博之

富田 博之

投稿者の記事一覧

富田 博之(とみた ひろゆき)
ミャンマー現地採用(日系ミャンマー現地法人責任者)。
ミャンマーの人口最大の都市ヤンゴンで、2015年7月1よりコンサルティング事業立ち上げ業務に参画中。1986年9月生まれ。寅年、天秤座、A型。東京都西東京市出身、埼玉県所沢市育ち。

関連記事

  1. エレベーター脱出劇。ダイハード DAY.631
  2. 【悲報】ドルツジェットウォッシャーを買った!○○○で5日で亡くな…
  3. 【決定版】ミャンマーのお茶の飲み方完全解説 DAY.200
  4. 365日毎日家計簿!今月は14万円弱でした。ミャンマー現地採用の…
  5. 新興国(ミャンマー含め)で働く時にダウンしない為の秘訣10個 D…
  6. アジアで働くけど英会話に自信がないならオンライン英会話 DAY.…
  7. 新入社員の君へ。大丈夫、すぐに慣れる DAY.467
  8. ミャンマーあるある。タクシーで置き忘れ!そんな時はラジオを使うと…

お問い合わせ

仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はhirovana09@yahoo.co.jpからお願いします!!
PAGE TOP