ミャンマーのリスクの話

ミャンマーの洗礼!2日目で食あたり。更に水、電気止まった DAY.194

ミャンマーにきて今日で3週目。
ミャンマーで生活するに際して、最初のハードルはでした。
私は何でも食べれる方で、ミャンマー料理もいけるクチだと思っていました。

ミャンマーの洗礼

思い切ってトライさせて貰ったローカル定食(200円位)。
2015-07-02 11.45.34-1
これを食べてからしばらくして、、、2日位寝込んでました。ほんと笑えなかった。
苦しみながら「これはミャンマーの洗礼だ」と思って凌ぎました。笑

更なる洗礼

でもミャンマーはそんなに甘くなかった。この状況に追い打ちを掛けるかのように、

寝込んでた2日間に水と電気がとまった

でもそんな状況で救いもありました。それがこれ。
ダウンロード
我が国が誇る最強の汁料理。味噌汁。
大学時代のサークルの送別会で頂きました。まさか渡緬2日目で活躍するとは。ありがとうございました。涙
それからしばらくはカップラーメン生活。
2015-07-06 23.25.00
タイ風ヌードルとか。
2015-07-06 23.26.06
カップの中にフォークが入っているタイプは人生初体験。
2015-07-06 23.32.40
実食。

 

美味くもマズくもなかった。。です。
以来、自分の腹と相談しつつ、好調だと判断した時には、ごくたまにローカル食にもトライしています。

余談

ミャンマーにも外資進出が加速しています。
2015-07-05 10.32.11
KFC。
2015-07-07 10.04.27
HARLEYS
ミャンマーの人々は鶏肉が大好きです。
牛肉、豚肉も食べる人はいるんでしょうが、こちらでは圧倒的に鶏肉が支持されている様子。
 
今日も狂って生きましょう。
ぶれない!投げない!止まらない!
挑戦こそ我が人生!!
||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
今最も食べたい食事は、駅前の立ち食い蕎麦です。

富田 博之

富田 博之

投稿者の記事一覧

富田 博之(とみた ひろゆき)
ミャンマー現地採用(日系ミャンマー現地法人責任者)。
ミャンマーの人口最大の都市ヤンゴンで、2015年7月1よりコンサルティング事業立ち上げ業務に参画中。1986年9月生まれ。寅年、天秤座、A型。東京都西東京市出身、埼玉県所沢市育ち。

関連記事

  1. ミャンマーで観光で行った時に食事で心得ておきたいこと5個 DAY…
  2. ミャンマー総選挙当日早朝の様子レポート DAY.325
  3. 乗車運賃は10円!ミャンマーでバス乗車体験レポ DAY.234
  4. 武器としての現地語。現地採用者こそ身につけるべきスキル DAY.…
  5. ミャンマーのアラサー男子たちが○○○で狂喜乱舞!からの仁義なき戦…
  6. エレベーター脱出劇。ダイハード DAY.631
  7. ビルマ語を学ぶ5個のメリットと家庭教師がベストだと思うその理由ま…
  8. 君は「ワ料理」を知っているか? ミャンマニだけが知るエスニック料…

お問い合わせ

仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はhirovana09@yahoo.co.jpからお願いします!!
PAGE TOP