ミャンマーのリスクの話

ミャンマーの電圧事情。家電製品を守るセーフガードは暮らしに必須 DAY.191

ここヤンゴンでは電力供給がいまだ不安定で、停電になることもあります。

その時何が怖いかというと、冷蔵庫、エアコン、洗濯機などの家電製品。

冷蔵庫が止まれば生ものは腐るし、エアコンが止まれば湿度が上がってカビの原因になるしと、悩みはつきません。

更に、停電時に一時的に電圧が変化することから、家電製品が非常に傷みやすいのです。

そんなミャンマーならではのグッズがこちら。

セーフガード(SAFEGUARD)

2015-07-12 19.23.06

料金:800円(8,000チャット)

2015-07-12 19.23.18

これは冷蔵庫用で電子レンジ用や、洗濯機用など用途によって分かれています。

私は近所のスーパーRuby Martで買いました。

2015-07-12 19.25.23これはうちの家のエアコン用のセーフガード。

セーフガードの役割

このセーフガードの働きは、急激な電圧を事前に察知すると自動的に電源を切って、電気製品に急激な電圧に伴うダメージから、家電製品を守ってくれるのです。

2015-07-12 19.29.08

上部が電圧メモリ。175V~240Vの範囲を超えようとした場合、一時的に5分間止まり再始動します。

一方、PCや携帯も直接電源プラグから、充電している状態で停電すると、ダメージが大きいので、たこ足などでワンクッションいれた方が良いそうです。(どれ位効果あるのかは不明ですが)

今日も狂って生きましょう。
ぶれない!投げない!止まらない!
挑戦こそ我が人生!!
||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
【編集後記】
少しづつ買うべきものは、買い揃えてきました。
本日も人と会いました。以前ミャンマーで「1000人プロジェクト」と書きましたが、そろそろその経過報告も書いていきます。
富田 博之

富田 博之

投稿者の記事一覧

富田 博之(とみた ひろゆき)
ミャンマー現地採用(日系ミャンマー現地法人責任者)。
ミャンマーの人口最大の都市ヤンゴンで、2015年7月1よりコンサルティング事業立ち上げ業務に参画中。1986年9月生まれ。寅年、天秤座、A型。東京都西東京市出身、埼玉県所沢市育ち。

関連記事

  1. 途上国に赴任する人に贈るならクリンスイの浄水器が凄くオススメ D…
  2. 【感染症対策】まだ蚊で消耗してるの?蚊帳さえあればミャンマーで安…
  3. ヤンゴンの街角から。バナナ・バナナ・バナナ。バナバナバナバナ D…
  4. オーガニックフードが食べたい時はGreen hill shopへ…
  5. ミャンマーでニート業を始めた私が今超絶ハマっていること。もうこれ…
  6. 昭和30年代のミャンマーでサバイバルするには健全な諦めをすると良…
  7. ミャンマーのコンビニの現状。日本のコンビニの素晴らしさを思い出し…
  8. ミャンマーあるある。タクシーで置き忘れ!そんな時はラジオを使うと…

お問い合わせ

仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はhirovana09@yahoo.co.jpからお願いします!!
PAGE TOP