このブログの話

俺の歴史Vol.14 人生変わった今思う。ブログを書く10個のメリット DAY.169

ブログを知り合いに全公開し始めてから、よくある質問が「あの写真ってどこからひっぱってくるの?」という質問です。
このPinterestというサイトから、記事とマッチしそうな写真を引っ張ってきます。
それでは本題に。

 

俺の歴史Vol.0【28年間を振り返っていきます】DAY.116
俺の歴史Vol.1【住んでいた場所】DAY.120
俺の歴史Vol.2【幼少期】DAY.124
俺の歴史Vol.3【将来の夢】DAY.128
俺の歴史Vol.4【17年間の助走期間を振り返る】 DAY.130
俺の歴史Vol.5【当時はチャレンジだった部活動選択】DAY.131
俺の歴史Vol.6【大学受験を頑張れたシンプルな理由】DAY.134
俺の歴史Vol.7【憧れのキャンパスライフ】DAY.138
俺の歴史Vol.8【大学時代にチャレンジしてみたこと50】DAY.140
俺の歴史Vol.9【オーストラリアで出会ったサンタクロース】DAY.145
俺の歴史Vol.10【新卒で入社し5年勤めた企業で出会った同期】DAY.151
俺の歴史Vol.11【人生で初めて30万円の自己投資をした社会人3年目】DAY.152
俺の歴史Vol.12【なぜ30万円いきなり自己投資したのか】DAY.154
俺の歴史Vol.13【前職時代の最大の失敗】DAY.164

ブログを書くことの恩恵

239c1e1124dceb0d9d5c0340001d3d8b

このブログを始める前は、学生時代にmixiやamebloでブログを書いていました。mixiと聞くと懐かしい響きを感じます。

mixiに飽きてからはamebloを始めていたので、文章を書くこと自体は、好きだったのかもしれません。

それから、社会人3年目の2012年5月4日以来、850日(2年4ヶ月)以上、毎日ブログは書いていました。2012年の5月というと、そう30万円自己投資した3日間セミナーから(その話はVol,11で書かれています)です。

毎日書いていた目的は、バズらせることでも、誰かをディスることもでなく、自省の為に書いていました。

そして、今年からはこのブログを書いているわけですが、振り返ってみると、

ブログを書き続けてきたお陰で自分の人生は変わりました

前にも少し書いたように、もしブログを書き続けていなければ、

 

・前職を5年強勤めることも
・前職同期R、M、Eと会社以外で話すことも
・ここ3年で知り合った人たちとのご縁も
・そもそも毎日情報発信することも
・ベンチャーに憧れを持つことも
・転職することも
・ミャンマーに行くことも
・夢を持つことも

 

以上のようなことは、「全て起こり得ませんでした」と断言できる位、ブログを書きつづけることで、自分の人生を少しづつ自身の手で、ドライブさせていくことが、できるようになりました。

 

では、ここで「毎日ブログを書き続けること」で、何が得られるのか書いていきます。

ブログを書くメリット10個

a5be0642152a799d5677a94fdfe0d6ab

1.言語化する習慣がつく

例えば、今日会社で部下が、意味の分からない行動をした時、ついカッとなってしまったとします。

いちいち自分が怒った理由を考えていても、仕事にならないので、「過ぎ去ったこと」として流していきますが、ブログというアウトプットする場があることで、「今日なぜ自分が部下に対して怒ったのか」を、考えるきっかけになります。

つまり、自分のしたことが文字として外に出されるので、冷静に明日はこうしようとか、次からはああしようとか、基本は建設的に物事を考えるようになります。

そもそも、なぜ「言語化する習慣」がメリットになるかというと、人は言葉によって認識しているからです。

例えば、ある女性にプロポーズして振られてしまったとします。

・Aさん「この体験は絶対に意味がある」という言語化をします
・Bさん「もう俺のトラウマになった」という言語化をします
Aさん、Bさんを相対的に見て、どちらが将来幸せになりそうか考えると、Aさんに軍配が上がるのではないでしょうか。

 

このことから、「無理矢理ポジティブに考えないといけない」と伝えたいのではなく、この例から私が言いたかったのは、どんな体験をしようと、どんな言葉でそれを捉えて認識して、経験に落とし込むか(これが言語化)で、外の景色の見え方も変わるということです。

2.知っているようで知らなかった自分に気づく

自分のことは自分が一番知っているようで、実は分かっていないことが多いです。
どんなテーマにしようと、毎日ブログを書くことさえ決めていれば、自分がどんなことに興味をもっていて、どんな生活がしたいのか、自然に蓄積されていきます。
特に、ネタがない日に絞り出して書く記事ほど、自分が大切にしたいことです。

 

3.自分が何者なのか考えるようになる

「AKB48情報!」みたいな発信型ブログでもない限り、自省型ブログの場合は嫌でも自分のことを書くので、自分と向き合う時間が増えていきます。
自分とばかり向き合っていても、自分が何者かは絶対に分かりませんが、逆に全く向き合う時間をとらないと、自分が何の為に生きているのかすら疑問に思わなくなります。それはそれで幸せだと思います。

 

4.自分の感情表現を客観的に見ることができる

自分の中にある喜怒哀楽といった感情を書くことで、自分を客観的に見ることができます。
例えば、昨日書いてブログを振り返ったら、「昨日は調子悪かったんだな」と、自身の精神状態のバロメーター代わりにもなるのです。

 

5.文章を書く練習になる

私は、文章を書くことが上手くなりたいと、常々思っています。なぜなら、どんな仕事をしようと、文章が書けないと仕事にならないことが、多いからです。ブログを書くことは、そういう意味で良い練習なります。

 

6.自己ブランディングの練習になる

会社員でも社長でも個人事業主でも独立していても、個人のブランディングは不可欠です。

例えば、「海外でミャンマーの日本人と言えば富田」と私は認識されたいので、当然このブログでも富田はどんなことに強みがあって、どんな人と繋がりがあるのかなど書いていくことで、それが全てブランディングに繋がります。

これが仕事としてブログを書いている、プロブロガーや編集者さんだとしたら、「練習」なんて絶対に言えませんし、それこそ価値を感じて貰える文章を書かないと、仕事とはいえないでしょう。

でも、個人で書いている分には、そういった責任は生まれません。

7.初対面の人でも知ってもらえる

これは最近凄く感じるのですが、FBやツイッター経由で初対面でお会いする方は、ブログを見て頂いていることが多いので、初対面の方でもある程度、自分のことを知って貰えています。これが何が凄い楽かというと、1〜10まで初対面の方に、自分のことを説明しなくても良いことです。

例えば、営業先のお客様が普段から情報発信している方だったとしたら、営業マンからすると話がしやすいと思いませんか?

8.フィルターになってくれる

毎日情報発信することで、だいたいどんな人なのかは、想像がつくのではないでしょうか。ある意味ブログを見て「あいつは嫌いだ」とか「気持ち悪い。。」と思えば、わざわざ話しかけたり、コンタクトをとることすら避けます。

つまり、ブログがフィルター代わりとなってくれているのです。

9.半永久的な自己管理ができる

ブログを書くという習慣があることで、1日に少なくとも30分〜60分位は時間をとります。アウトプットするということは、少なからず人の目に晒されるので、良い意味で緊張感が生まれ、どんなに不調な日であっても、大崩れせずにすみます。

 

ある意味アンカー(錨)のような働きをしてくれるのです。

 

10.自分の過去の歴史編纂できる

「1」で書いたように、自分の体験をどう捉えるかは自分次第です。

自分の歴史(history)は事実として一つですが、その認識次第でどんな経験にでも、編集して物語(story)にすることができます。

だからこのブログで、自分の歴史を振り返る時も、プラスとなることしか書きません。黒歴史もありますが、それも最終的には学びにしています。

時間を天引するだけでコストは無料(タダ)

572c059368c45f1554815fde87155dbe

ということで、最低限の大人のマナー(守秘義務のあることは書かない、誹謗中傷しない、卑猥な表現はなし、会社規程を守るなど)さえ守れば、ブログは誰でも簡単に、今すぐにでも始められるツールです。

 

どれ位簡単かというと、ameblolivedoor blogFC2ブログなどで、タイトルだけ考えてアカウント登録するだけです。あとは仮に毎日書くなら、書く時間を30分〜60分と決めて時間を天引きしておくだけです。

 

コストは全く掛かりませんので、お金の心配は一切する必要はありません。
今日も狂って生きましょう。
ぶれない!投げない!止まらない!
挑戦こそ我が人生!!
||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
【編集後記】
私に海外で働くきっかけをくれた神農さんが関わっている、「フィリピンポータルサイト」を今日知りました。めちゃ良い感じのサイトですやん!トップ画面がもう素敵です。ミャンマーでもこんなサイト作りたいですね。作ろう。

Phil Portal [フィルポータル] ~フィリピン総合情報サイト~

富田 博之

富田 博之

投稿者の記事一覧

富田 博之(とみた ひろゆき)
ミャンマー現地採用(日系ミャンマー現地法人責任者)。
ミャンマーの人口最大の都市ヤンゴンで、2015年7月1よりコンサルティング事業立ち上げ業務に参画中。1986年9月生まれ。寅年、天秤座、A型。東京都西東京市出身、埼玉県所沢市育ち。

関連記事

  1. WordPressブロガー必見!ココナラなら500円でブログの不…
  2. 俺の歴史Vol.10 新卒で入社して5年勤めた企業で出会った同…
  3. 俺の歴史Vol.3 将来の夢は億万長者とアナウンサー DAY.1…
  4. ミャンマーにきて5ヶ月でよく読まれている記事ベスト9。1位は海外…
  5. 消したくなる衝動。過去156記事を振り返ってみた結果 DAY.1…
  6. 【祝365回記念】2015年にブログを通して得た「私の収穫」 D…
  7. 228日継続中!よく書いているテーマ ベスト11 DAY.228…
  8. 俺の歴史Vol.7 憧れのキャンパスライフ DAY.138

お問い合わせ

仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はhirovana09@yahoo.co.jpからお願いします!!
PAGE TOP