抽象的な話

退路を断ったとき人との出会いは加速する話は本当だった DAY.167

今日は、ランニングチームのチームメイトで、経営コンサルタント兼ITコンサルタントの【渋屋隆一】さんに、ミャンマー行きの激励をして頂きました。
2015-06-16 13.00.40渋屋さんは出版、独立までされていて、現状の自分とはステージが全く違う方ですが、自惚れも甚だしいですが、早く自分も渋屋さんのようなレベルまで、上げて行きたいと強く思いました。渋屋さん、ありがとうございました!

大きく考え、小さくはじめる ※渋屋さんブログ
では本題に。

退路を断ったら本当に出会いが加速し始めた


efca23436137054a064c9026a608ffdb

 

同世代(86世代)のプロブロガー、イケダハヤトさんが以前こんなエントリーを書いていました。
退路を断ったときに、人との出会いは加速する : まだ東京で消耗してるの?
この記事を最初に読んだ時は、「まぁ決断したら人との出会いも増えるのかな」位に想像していましたが、いざ自分でこうやって全方位的に情報発信し始めると、あの記事は本当だったんだと実感しています。

元々ネームバリューがある人でもない限り、何をしたいのかよく分からない人に、時間とお金を使って会ったり、ましてや応援や激励することはありません。「俺はこういう生き方・働き方で飯を食っていく」というを立てるからこそ、周りの人が心配してくれたり、共感してくれるものなのだと最近分かりました。

お陰様で、自分の情報を見せられる範囲で全体公開し始めてからは、ミャンマーでビジネスに携わられている方の、ご紹介に次ぐご紹介をして頂いて、本当に本当に有り難い限りです。

以前までは、例えば本の著者の○○さんに会いたいと、こちらからご紹介をお願いする方でしかなかったのですが、全方位的に情報開示してからは、それが逆転する状態になっています。

ミャンマーで私がそもそも何をやるかは、まだここでハッキリと書けないのですが(面識ある方にははっきりお伝えしています)、ミャンマーでビジネスに携わられている方、ミャンマーに住んでいる方、ミャンマーで住んでいた方、これからミャンマーに住む予定の方、もし周りにいらっしゃいましたら、いつでも構いませんのでぜひご連絡を。
hiro0930@facebook.com
@Hiroyuki9Tomita

旗を立てるから応援してくれる人も現れる

1311421001_4693d13775

退路を断つということは、周囲に向かってどんな方向に進むか明確に宣言し、後ろは振り向かず前に進むということです。

思うに退路を断つとは旗を立てることです。

自分が人からどんな人と認識されたいのかで示すのです。

自分だったら「ミャンマーに移住して、現地採用という立場で0からビジネスの立ち上げをして、ミャンマーの日本人ビジネスマン=富田と認識される」という旗を立てました。

他にも例えば、
・パン業界の包装用品を扱う営業マンとして将来その業界の第一人者になるという旗
・代々続く家業を継いでゆくゆくはその業界のトップになるという旗
・行政書士としてそれまでなかったコンセプトで独立し人の役に立つという旗

このように「自分はこんな生き方・働き方をします」という旗を立てるから、その旗を見た一部の周りの方が、応援してくれるものなのだと気づきました。

旗を立てるまでは怖いものですが、いざ旗を立ててみると、意外とそれまで気になっていたことが、自意識過剰だったんじゃないかとも気づきます。

今日も狂って生きましょう。
ぶれない!投げない!止まらない!
挑戦こそ我が人生!!
||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
【編集後記】
夜は久しぶりに前職の勤務地浅草橋に行き、同期が開いてくれた送別会に、参加させた貰いました。
本当に良い同期だったなと思うと同時に、「会社が変わってもずっと付き合っていきたい」と思いました。
ありがとう。
富田 博之

富田 博之

投稿者の記事一覧

富田 博之(とみた ひろゆき)
ミャンマー現地採用(日系ミャンマー現地法人責任者)。
ミャンマーの人口最大の都市ヤンゴンで、2015年7月1よりコンサルティング事業立ち上げ業務に参画中。1986年9月生まれ。寅年、天秤座、A型。東京都西東京市出身、埼玉県所沢市育ち。

関連記事

  1. ライザップに学んで、人にケツを蹴ってもらおう DAY.36
  2. 問題解決の85%の法則。日中500円生活をしてみて気付いたこと …
  3. 私の人生変革論。旅するより自分を変えよう DAY.6
  4. ネクタイの色くらい自分で決めよう DAY.72
  5. 自らの実力を知る。カップラーメンの法則 DAY.71
  6. 仕組みの力で生活最適化!生活の仕組み化コンサルタント伊藤文さんと…
  7. 節目を待たずに自分で節目を創る DAY.86
  8. ブログの更新回数を1日2回に増やした理由 DAY.324

お問い合わせ

仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はhirovana09@yahoo.co.jpからお願いします!!
PAGE TOP