ランニングの話

72km関門で全てオジャン! 2015年野辺山100kmマラソン惨敗記完 DAY.165

もう野辺山シリーズも6回。今日で仕上げです。

※2015年野辺山100kmマラソン惨敗記 説明

2014年に初参加したが、100km14時間の制限時間のところを、【14時間5分】という惜しいタイムでFinish。記録には残らなかったが、自身の記憶に強く刻まれることとなった因縁の大会。今年は「最高でも完走、最低でも完走」とドヤ顔で挑んだが、71km地点でまさかの時間切れ(DNF)。このシリーズは自身の惨敗記である。

■2015年野辺山100kmマラソン惨敗記 これまでのEpisode■
野辺山100kmウルトラマラソン2015惨敗報告 DAY.137
Episode1【野辺山の借りは野辺山で返す】DAY.143
Episode2【野辺山歓迎ムードで影響力を0にされている(ように見えた)ザック】DAY.144
Episode3【野辺山攻略に向けた3っの作戦】DAY.146
Episode4【レースハイライト】DAY.153
Episode5【トラブル発生】

現在25km地点。

2015-05-17 08.03.42

コーラを飲んで少し予定から狂ったが問題ない。

少し上り坂になったところで戦友ザックを見つけた。
同じ1986年世代にも関わらず、俺はまだザックに、ランニングで勝ったことが一度もない。キャリアがザックの方が長いことを差し引いても、チーム内で最もフルマラソンが速くて、ウルトラマラソンでもたしか最も速いから、2冠の漢という訳だ。

そのザックを25km〜30km地点で捉えたということは、悪くないスピードだった。

前方にデカフォレスト

ザックと平行して走っていると、前方に見慣れぬ「緑色」のゼッケンが。野辺山を走る人なら知らない人は殆どいないであろう、この国内屈指のウルトラマラソンを10回完走している「デカフォレスト」だ!
2015-05-17 09.03.04実は今年から、デカフォレストの更に上をいく、20回完走者「ユプシロン」という称号が制定された。今確認してみたら、前方に現れたこの方、デカフォレストからユプシロンに昇格されていた。笑 (参考記事

恐る恐るMr.デカフォレストに「このままのペースで完走できそうですかね!?」と聞いてみると、「う〜ん。多分ギリギリですね!」との回答。
ミスターがギリギリなら「自分はアウトかもしれない。。」と不安がよぎり一礼して、ザックと先を急ぐ。
2015-05-17 09.17.33ここがたしか30km地点だったと思う。
そこからザックとはぐれ、1人42km地点まで走る。走る。

そして、42km地点の八峰の湯に。
時刻:10:09(関門時刻:11:00)

2015-05-17 10.09.16去年と比べて30分は速いタイム。今年はこのエイドで、シューズの履き替えとウェアの着替えをした。

ここまではまず順調だった。

nobeyama.001
ここから先は、写真を撮る余裕が一切なくなり、最期に撮った写真は時間切れとなった時だった。
2015-05-17 15.20.37-1
肉体の限界とメンタルの限界をきたし、72kmの関門で全てがオジャンになってしまった。

惨敗分析 5つの敗因

1.100km走れる走力がなかった
第一の敗因にしてこれが全てだと言っても過言ではない。50kmを過ぎてからは、自分でも信じがたいほど走れなかった。頑張って小走りで走るが続かない。走っては歩き、走っては歩きの繰り返し。これが上りなら問題なかったのだが、平地10km程度でこの状態だったから、50kmを過ぎた時点で、既に走力の限界を超えていたのかもしれない

2.昨年の自分に勝てる気がしなかった
これが第二の敗因だ。メンタル的に「昨年の自分を越えられそうにない。。」と65km〜70km時点で、思ってしまった時点で勝負ありだった。なぜそう思ってしまったのか?それは「このまま頑張って走っても昨年同様にギリギリの戦いをする。。だからもう無理だ。。。」というランナーとして、最もマズいことをしてしまった。

前回走った伊豆トイレル72kmではこうは思わなかった。伊豆トレイルは初参加だったこともあり、先が見えなかったが、それが吉とでて完走まで突っ走ることができたが、逆に野辺山は、「一応」昨年完走はして、どんなコースでどれだけ辛いかを知っていたことが、凶とでてしまった。

3.オペレーション5破綻
100kmという距離が遠すぎるから、「5km走を20回走ると考えてみるいう作戦名が「オペレーション5」だった。(参考記事)50kmまではこれでイケたんだ。特に60km地点を過ぎてからは、5kmどころか500mも、ままならなくなってしまった。

4.今に集中できなかった
フィジカルとメンタルが限界を迎えた。それでも「今この時」に、走ることだけに、集中すればよかったのかもしれない。でもそれができなかった。先のことばかり考えてしまった。

5.補給失敗?
これは仮定の話なのだが、ひょっとすると俺は、補給ミスを犯していたのかもしれない。5kmペースでジェルを補給していたが、60km過ぎになると、あまりジェルの補給はしていなかった(気がする)

戦後処理
2015-05-17 15.22.56

走っている最中にあれだけ望んでいた休息の時間。立派な温泉に浸かり傷を癒やす。

肉体的には癒やされるけど、精神的には全然癒やされない。

その後、敗残兵たちはスタート兼ゴール地点まで戻ることに。これが敗残兵が乗るバス。

2015-05-17 16.29.48

快適だったが、全然嬉しくなかった。

敗残兵にできること。それは仲間達をゴールで俟つことただそれしかない。

2015-05-17 17.24.45ザック
まだ大丈夫だろうと油断していたら、ザック先生がリミットの1時間以上も前にゴール。ザックがザックであることをこの野辺山でも証明した。突き抜け過ぎてて怖いよザック。おめでとう。あんたがナンバー1や!!

2015-05-17 18.57.42

*制限時間14時間の3分前にゴールしたAKBさん」*
随時FBで、何時くらいにゴールできそうか連絡を受けていたから、終了の時間が近づいても、「AKBさん、もうダメなのかも。。」とは思わなかった。だからギリギリでゴールするAKBさんをイメージもできた。だが、だがしかし!!

漢泣きするあなたは想像できなかった。だから一番輝いていた。自分より6個も年上の先輩で、お子さんもいて、De部なのに。ザックの方が速かった。でも最も輝いていたのはAKBさんでした。

おめでとうございます!!

余談
レース後、ご家族に電話をされて報告していたAKBさんが最もココロに残っています。感動や!!!!!
2015-05-17 19.07.14*浮かない顔でSUMMITタオルを持つ私と英雄2人*

今まで惨敗記読んで頂いた方々、ありがとうございました。野辺山は逃げない!よってリベンジのチャンスは又巡ってくる。
また来年!!以降。

今日も狂って生きましょう。
ぶれない!投げない!止まらない!
挑戦こそ我が人生!!
||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
【編集後記】
来年リベンジ!!するのか!?分かりません。
富田 博之

富田 博之

投稿者の記事一覧

富田 博之(とみた ひろゆき)
ミャンマー現地採用(日系ミャンマー現地法人責任者)。
ミャンマーの人口最大の都市ヤンゴンで、2015年7月1よりコンサルティング事業立ち上げ業務に参画中。1986年9月生まれ。寅年、天秤座、A型。東京都西東京市出身、埼玉県所沢市育ち。

関連記事

  1. 野辺山の借り! IZU TRAIL Journey 2015 E…
  2. 19時58分 IZU TRAIL Journey 2015 Ep…
  3. 野辺山マラソン20kmで早くもトラブル発生! 腹が。。。 DAY…
  4. ウルトラマラソンへのチャレンジ。それが私の覚悟力の鍛え方 DAY…
  5. ランチームAdmiralで学んだ自己変革の3ステップ DAY.1…
  6. ヤンゴンの週末健康的な過ごし方。朝Thein Byu Tenni…
  7. 時間だけは平等に振り分けられている事実。IZU TRAIL Jo…
  8. 野辺山100kmウルトラマラソン2015惨敗報告 DAY.137…

お問い合わせ

仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はhirovana09@yahoo.co.jpからお願いします!!
PAGE TOP