俺の歴史の話

俺の歴史Vol.13【前職時代の最大の失敗】DAY.164

連日送別会をして頂いて本当に有り難い限りです。

9割以上の方は「遂に行くか!おめでとう!!」「絶対死ぬなよ!」「ダメだったらすぐ帰ってこいよ!」という、励ましの言葉を贈ってくれました。1割未満の方からは、非常に厳しいお言葉を頂きました。笑(←笑っている場合ではない) その頂いたアドバイスの殆どは、自分にとって痛いことばかりでした。

「頑張れ!」と言う言葉より、敢えて厳しい言葉を選んで、言ってくれた方々の言葉をしっかり受け止め、糧にしていきます。
それでは本題に。

俺の歴史Vol.0【28年間を振り返っていきます】DAY.116
俺の歴史Vol.1【住んでいた場所】DAY.120
俺の歴史Vol.2【幼少期】DAY.124
俺の歴史Vol.3【将来の夢】DAY.128
俺の歴史Vol.4【17年間の助走期間を振り返る】 DAY.130
俺の歴史Vol.5【当時はチャレンジだった部活動選択】DAY.131
俺の歴史Vol.6【大学受験を頑張れたシンプルな理由】DAY.134
俺の歴史Vol.7【憧れのキャンパスライフ】DAY.138
俺の歴史Vol.8【大学時代にチャレンジしてみたこと50】DAY.140
俺の歴史Vol.9【オーストラリアで出会ったサンタクロース】DAY.145
俺の歴史Vol.10【新卒で入社し5年勤めた企業で出会った同期】DAY.151
俺の歴史Vol.11【人生で初めて30万円の自己投資をした社会人3年目】DAY.152
俺の歴史Vol.12【なぜ30万円いきなり自己投資したのか】DAY.154

前職時代の失敗

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

5年2ヶ月10日勤めた前職で何をしていたかというと、営業職として仕事をしていました。お陰様で、それなりに良いことも悪いこともあったのですが、敢えて自分の黒い部分(黒歴史)にスポットを当てて振り返ってみると、3年前が最も闇の濃い時期でした。笑

今は、「笑」とか語尾に付けていますが、当時の心境としては精神的にヤバイ状態で、明らかに「鬱状態」だったなと。

何でそんな状態に陥ったかというと、私がある商品を見積もりした時に「素材A」と書いてあったところ「素材B」と勘違いをして、結果的に大損害を出してしまいました。あれはそう。社会人3年目の私が起こした事件でした。

それまで修羅場らしい修羅場を、潜ったことがなかった私は、人生で初めて「俺本当に積んだかもしれない。。。」と。今思えば可愛いものなんですが(お前が言うなという話ですが)、深刻に仕事を辞めることも考えました。

お客様、当時の上司、関係部署の方々、仕入れ先の方に大迷惑を掛けながらも、「商品を納める」という最低限のミッションは達成しましたが、後にも先にもその事件が、前職時代の私の最大の失敗でした。

当時の上司から学んだ3っの学び

事件を起こした時の当時の上司から、3つの大切なことを学びました。

de051744ae994614fd5e60e17a2ad0db

1.リカバリーする力

当時の私は、ミスが分かった時点ですぐさま上司に報告をして、リカバリーを試みました。が、1〜10までの仕事のうち、3くらいやってしかいないのに、「よし火を鎮火したぞ。また炎上しそうだけど大丈夫。だろう。。。」というような、甘すぎるリカバリーと見通しでした。

全然仕事は完了していないのに、ミスを犯した自分の殻に閉じ籠もって、自分が犯したミスを100%リカバリーする行動と、その努力すらできませんでした。 今でも覚えているのが、「お前な〜!ミスして下向いてても一個もミスの解決にはならないんだよ!前向け!」という言葉。

2.〜だろうで仕事を進めるな

この事件の原因は、自分のイージーミスでしたが、もとを正せば自分の認識の甘さからでした。「〜で大丈夫だろう」という認識で進行することが、どれだけ危険なことか身に染みました。

3.小さいことができない人は、大きなこともできない

「たとえ小さな仕事でも、それをきっちりこなしてこそ、いつか大きな仕事が回ってくる」ということで、遠くの方ばかり見ていないで「足下をしっかり見て進め」ということだったのでしょう。

まとめ

黒歴史は、正直思い出したくもないことでしたが笑、新しい仕事をすることになった今、敢えてそこに光を当てて見ることで、同じ失敗を二度としないように。又、思うに人の成功談は本屋で死ぬほど売っていますが、人の失敗談の方がよっぽど為になるな、と思います。

今日も狂って生きましょう。
ぶれない!投げない!止まらない!
挑戦こそ我が人生!!

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
【編集後記】
「やりたいこと」と「できること」は違うので、そこを見極めて自分が今できることを、着実にやっていきます。

富田 博之

富田 博之

投稿者の記事一覧

富田 博之(とみた ひろゆき)
ミャンマー現地採用(日系ミャンマー現地法人責任者)。
ミャンマーの人口最大の都市ヤンゴンで、2015年7月1よりコンサルティング事業立ち上げ業務に参画中。1986年9月生まれ。寅年、天秤座、A型。東京都西東京市出身、埼玉県所沢市育ち。

関連記事

  1. 俺の歴史Vol.2 幼少期 DAY.124
  2. 俺の歴史Vol.10 新卒で入社して5年勤めた企業で出会った同…
  3. 俺の歴史Vol.1 住んでいた場所 DAY.120
  4. ミャンマーの洗礼!2日目で食あたり。更に水、電気止まった DAY…
  5. 新興国(ミャンマー含め)で働く時にダウンしない為の秘訣10個 D…
  6. ミャンマーのTopupカードチャージ失敗!カスタマーセンターとの…
  7. 私の夢と目標!海外で働くことを選んだ理由 DAY.195
  8. 【悲報】ドルツジェットウォッシャーを買った!○○○で5日で亡くな…

お問い合わせ

仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はhirovana09@yahoo.co.jpからお願いします!!
PAGE TOP