俺の歴史の話

俺の歴史Vol.6 大学受験を頑張れたシンプルな理由 DAY.134

自分の過去を振り返る【俺の歴史シリーズ】。

高校時代は部活動もそれなりに頑張ったのですが、受験勉強をしていた記憶が強いです。

大学受験を頑張れた凄く小さい理由

高校生でなくても男なら一度は思うはずですが、その当時は特に思っていました。

「モテたい!!!!!」と。

そう思っている時点でモテないなのですが笑、とにかく当時は女子からモテたいと、内心思っていました。とはいえ、ソフトテニスが凄く上手かった訳でも、外見がイケてた訳でも(それは言わなくても分かりますが)なく、簡単に言えば、何も取り柄っぽいものがなかったです。

そこで、何を思ったか「良い大学に入れたらきっとモテる」という妄想をしました。笑
簡単に一言で言えば、ただ「モテたい」という思いが大学受験を頑張れた理由でした。大いなる勘違いではあるのですが、大いなる勘違いというのは時に必要で、「良い大学に入る=モテる」という図式を勝手に作り、受験勉強に精を出していました。

センター試験で合格率20%以下。だったけど。。。

高校3年生の夏までは部活動に精を出し、本格的に受験勉強をし始めたのは秋頃でした。そんなマイペースぶりだったので、冬のセンター試験で何が起こったかというと、志望大学は軒並み合格率20%以下D、E判定くらいでしょうか?)という絶望的な状況でした。

もう「これはダメか」と思っていましたが、なぜか完全に諦めてしまう、というまでには至りませんでした。なぜか?それは、世界史だけは他の科目と比べて、ダントツ高得点が取れていたからです。

世界史という科目が自分の性に合っていたのか、なぜか世界史だけは好きで、好きだった分受験勉強もそこまで苦にならず、模試でも得点が取れていました。だから本番の入試(私立大学の一般入試)でも「もしかしたら。。」、という小さな希望が持てました。

そして、なんとか奇跡的に、自分の第一志望校に合格することができました。当時の高校の先生、塾の先生、両親に感謝です。
お陰様で奇跡的に志望校に合格できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、結果モテたのかと?
それは聞かないで下さい。

ぶれない!投げない!止まらない!
挑戦こそ我が人生!!
||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
【編集後記】
今でも覚えているのが高校の卒業式当日。クラスメイトがどういった進路に行くのか、匿名で集計表が配られていた時。軒並み専門学校か国内の大学進学だったのですが、その中に1つだけカタカナの大学名が。聞くと「カナダで心理学を学びたい」から向こうの大学に行くという子が。それがクラスであまり目立たない子(女子)だったことが驚きで。その子は今何をしているのか、知る由もありませんが。
富田 博之

富田 博之

投稿者の記事一覧

富田 博之(とみた ひろゆき)
ミャンマー現地採用(日系ミャンマー現地法人責任者)。
ミャンマーの人口最大の都市ヤンゴンで、2015年7月1よりコンサルティング事業立ち上げ業務に参画中。1986年9月生まれ。寅年、天秤座、A型。東京都西東京市出身、埼玉県所沢市育ち。

関連記事

  1. 俺の歴史Vol.3 将来の夢は億万長者とアナウンサー DAY.1…
  2. 俺の歴史Vol.1 住んでいた場所 DAY.120
  3. 俺の歴史Vol.12  自分を変えたかった! 30万円自己投資し…
  4. 俺の歴史Vol.8 大学時代にチャレンジしたこと50個まとめ D…
  5. 俺の歴史Vol.7 憧れのキャンパスライフ DAY.138
  6. 俺の歴史Vol.9 ノマドな働き方をしているオーストラリアのサン…
  7. 消したくなる衝動。過去156記事を振り返ってみた結果 DAY.1…
  8. 私の夢と目標!海外で働くことを選んだ理由 DAY.195

お問い合わせ

仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はhirovana09@yahoo.co.jpからお願いします!!
PAGE TOP