俺の歴史の話

俺の歴史Vol.5 当時はチャレンジだった部活動選択 DAY.131

致知の今月号がやってきました。
2015-05-10 12.00.17昨日は【17年間の助走期間】という総括で、学生時代をまるっとまとめましたが、社会人になってから何が楽しくなったかというと、自分の時間を自分の【学びたいこと】に投資できることですね。大学時代はそれまでと違って一定の自由は得ましたが、社会人になってから一気に学びの枠が広がりました。

学生の時のように課題や宿題といった縛りがなくなったことで、自分の学びたいことを自分のお金と時間を使って、学べるようになりました。これからもずっと死ぬまで、学び続けていきたいと思っています。

それでは本題に。

サッカー少年からソフトテニス青年にシフトした
2ad17744cf1fef9de5cd6f86fbac97d0

自分の過去を振り返る【俺の歴史シリーズ】。

小学校まではサッカー(草サッカー)一筋で、地元の公立中学校に進学した時も、周りからは当然のように、サッカー部に入部すると思われていました。個人的にもサッカー部に入る気でいたのですが、ここで一つ困ったことがありました。当時のサッカー部は「やんちゃ」な部員が多いイメージで、自分がサッカー部で活躍できるイメージが持てませんでした。簡単に言うとビビったんですね笑。これはマズいと。そこで考えたのが、「どの部活だったら自分が最も活躍できそうか」ということでした。

そこで当時仲が良かった同級生と一緒に見てみたのが、ソフトテニス部でした。いざコートに行ってみると、隣では女子ソフトテニス部が練習をしていて、
男子の部員も真面目そうな部員が多く、「ここなら自分でもイケそうだ」と思いました。笑

とはいえ、それまではサッカーしかしてこなかったので、脚力には多少の自信がありましたが、上半身を使う運動を殆どしたことがなく、スポーツの種目を切り替えるのは、自分にとってはチャレンジでした

相性がよかったのか中学、高校と6年間ソフトテニスを続けることができて、あの時の部活動選択は間違ってなかったと思います。
以上。部活動の選択の話でした。

ぶれない!投げない!止まらない!
挑戦こそ我が人生!!
||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
【編集後記】
瞬間英作文苦戦しています。
富田 博之

富田 博之

投稿者の記事一覧

富田 博之(とみた ひろゆき)
ミャンマー現地採用(日系ミャンマー現地法人責任者)。
ミャンマーの人口最大の都市ヤンゴンで、2015年7月1よりコンサルティング事業立ち上げ業務に参画中。1986年9月生まれ。寅年、天秤座、A型。東京都西東京市出身、埼玉県所沢市育ち。

関連記事

  1. 俺の歴史Vol.4 17年間の学生時代を振り返る DAY.130…
  2. 俺の歴史Vol.11 「30万円の自己投資」をした社会人3年目の…
  3. 俺の歴史Vol.0 人生を振り返る DAY.116
  4. 俺の歴史Vol.10 新卒で入社して5年勤めた企業で出会った同…
  5. 俺の歴史Vol.1 住んでいた場所 DAY.120
  6. 俺の歴史Vol.14 人生変わった今思う。ブログを書く10個のメ…
  7. 俺の歴史Vol.13【前職時代の最大の失敗】DAY.164
  8. 俺の歴史Vol.9 ノマドな働き方をしているオーストラリアのサン…

お問い合わせ

仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はhirovana09@yahoo.co.jpからお願いします!!
PAGE TOP