抽象的な話

しくじり先生。負けを認める DAY.126

失敗をネタにすることについて。

しくじり先生 堀江貴文氏

私はこの番組を初めてYoutubeで見つけましたが、この動画の堀江さんこそ「失敗経験のリライト」つまりネタ化です。どんな経験でもネタにできるという証明だと、この動画を見て私は思いました。

負けを認める

例えば、前職で啖呵を切って飛び出して、次の会社に転職したけど、全然成果が出せなかっとしたら、それはその人にとっては、かなりシビアな経験となります。そこで最悪本当にダメだったとしたら、立ち直れない位の失敗経験に、なってしまうかもしれません。これは辛い。

こんな経験を万が一自分がしてしまった時どうすればいいのか?きっと最初は、その失敗を自分で受け入れることができないと思うんです。なぜならそれを認めてしまった時点で、もう「終わり」な気がするからです。

でも、私が思うに失敗のリライトをするプロセスとして、避けて通れないことが負けを認めることです。

負けを自分で認めるからこそ、次また同じ失敗を繰り返さないようにしますし、その失敗を自分で人に話せるようになります。
ぶれない!投げない!止まらない!
挑戦こそ我が人生!!
||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
【編集後記】
■野辺山ウルトラマラソンまで残り11日
走行距離200kmまで残り100km
富田 博之

富田 博之

投稿者の記事一覧

富田 博之(とみた ひろゆき)
ミャンマー現地採用(日系ミャンマー現地法人責任者)。
ミャンマーの人口最大の都市ヤンゴンで、2015年7月1よりコンサルティング事業立ち上げ業務に参画中。1986年9月生まれ。寅年、天秤座、A型。東京都西東京市出身、埼玉県所沢市育ち。

関連記事

  1. 無駄なことでも生活に取り入れていく DAY.101
  2. 青学の箱駅駅伝初の総合優勝から考えた結論 DAY.9
  3. ブログの更新回数を1日2回に増やした理由 DAY.324
  4. 本気の本気になるには「宣言する&発信し続ける」 DAY…
  5. 自らの実力を知る。カップラーメンの法則 DAY.71
  6. 生きるとは行動することである DAY.29
  7. 答えを自分で創り出す挑戦 DAY.8
  8. ひどく寝違えたことで原因に目を向ける大切さを学んだ話 DAY.1…

お問い合わせ

仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はhirovana09@yahoo.co.jpからお願いします!!
PAGE TOP