習慣の話

ちょっとハッピー。私がライフログにチャレンジする理由 DAY.106

私が毎日記録をつけていることが、

・起床時間
・出費
・情報収集した時間(インプット時間)
・ブログを書いた時間
・朝ストレッチした時間

といったことなどです。

実際にどんな風にログを付けているのか
8036b69d6a9c2c4d95629864242d43a0

もっと賢いやり方があるとは思うんですが、私の場合は全てをEvernoteに記録しています。それこそ仕事に関係するあらゆる情報から趣味、食事、夢、目標ということまで。全てです。

例えば、起床時間の場合はこんな感じです。

■習慣
4月目標:毎朝5時起床
6:30
6:30
6:30
6:00
4:55
4:50
4:50
6:30
4:45
9:45
6:00
6:00
6:30
6:00
4:55
6:00

パっと見で全然目標の時間に起きれていないのですが苦笑、記録すること自体に意味があります。何が悲しくて、自分の起きた時間なんて記録する必要があるのかということを、今から説明していきます。ちなみにライフログで有名な方がいて、私は以前からこの方のブログは読んでいました。参照)

私がライフログする理由「日常のアンカー(錨)になる」

f4c19e2205c859d974a38d0d77f6353f

ここでのアンカーとは「Anchor」のことで、その語源となる古代ギリシャ語は「曲がった腕」を意味し、船を力強く繋ぎ止める錨(アンカー)を神秘的なものとイメージされていたそうです。(参照

日々なんとなく生きていると、なんとなく日々が過ぎていきます。そのなんとなくな日常の中で、毎日何時に起きて、何を食べて、何にお金を使って、何に時間を使っているのか記録することで、なんとなくな日常に緩やかな緊張感が生まれます

緊張感が生まれることで、どのようなメリットがあるかというと、毎日ちょっとしたゲーム感覚で、
「昨日は6時に起きたから今日は5時半に起きよう」
「お金を使いすぎているから今日は1000円以内に抑えよう」
「ニュースアプリを読む時間が長いからもっと工夫しよう」
とか「工夫する気持ち」が生まれるんですね。

工夫する。その心は、「成長することにあり」
3bfe3d23b72c9e59e9a9fd4320616bc8

基本的に人間って「成長」しないことは辛いことだと思うんです。人間毎日少しづつでも昨日より今日、今日より明日と成長を実感することで、幸せを感じることができる生き物です。記録することで日常に緊張感が生まれ、工夫しようとして、成長を実感し、ちょっとハッピーな気持ちが得られる。

シンプルなんですが記録することで、ちょっとしたハッピーが感じられます

ぶれない!投げない!止まらない!
挑戦こそ我が人生!!
||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
【編集後記】
 ライフログの手始めに起床時間からどうでしょうか?
富田 博之

富田 博之

投稿者の記事一覧

富田 博之(とみた ひろゆき)
ミャンマー現地採用(日系ミャンマー現地法人責任者)。
ミャンマーの人口最大の都市ヤンゴンで、2015年7月1よりコンサルティング事業立ち上げ業務に参画中。1986年9月生まれ。寅年、天秤座、A型。東京都西東京市出身、埼玉県所沢市育ち。

関連記事

  1. ミャンマーで朝型になれる2つの理由 DAY.296
  2. 昭和30年代のミャンマーでサバイバルするには健全な諦めをすると良…
  3. 世界で唯一!?仏教大国ミャンマーで70日以上瞑想するなら瞑想ビザ…
  4. 365日生活リズムを変えない。その心は分けないことにあり DAY…
  5. 1日2食生活にチャレンジ中 DAY.43
  6. ミャンマーでブログを1日2回更新する為にしていること10個まとめ…
  7. 仕組みの力で生活最適化!生活の仕組み化コンサルタント伊藤文さんと…
  8. 1日2食生活になってから7週間 DAY.88

お問い合わせ

仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はhirovana09@yahoo.co.jpからお願いします!!
PAGE TOP