ランニングの話

ベストではなくグッドを目指す IZU TRAIL Journey 2015 Episode5 DAY.79

春が近づいています。4月と言えば新たなスタートの季節。
入学の時期ということで、高校デビュー、大学デビュー、社会人デビューと言われるようなことが、全国の学校で起こります。

デビューの仕方

例えば高校の場合、どこの学校でもイケてるグループ、普通のグループ、イケてないグループと、大きく分けて三つのグループに分かれます。アメリカだとそれが「スクールカースト」と呼ばれるように、階層意識が濃いとのこと。
ddacdd556c0eb6a31de38a9491500f91「イケてるグループ」の一員として見られたいが為に、私の中学校の同級生は卒業と同時に、急に髪を染めたりおしゃれになったりする子がいました。それでデビューに成功すれば良いのですが、人によっては「あれ?」「おいおいwww」のように、奇抜なデビューをしてしまう子もいました。

05c22700-s

では、なぜそんな「事故」がおきてしまうかというと、ベストを目指してデビューを目指してしまうからだと、思っています。完璧を目指すあまり力が入りすぎて、失敗してしまうようなことです。

ベストではなくグッドスタートを狙ってみる

話を本題のIZU TRAIL Journeyに戻しまして、なんとかバスに乗り込みスタート地点にまで着きました。2015-03-15 05.45.23

私は、今回のレースに向けて基本的な準備はしてきましたが、正直なところ、レースに向けての練習はほぼできていませんでした。更に、タイムスケジュールの確認もしっかりしておらず、ほぼノープランでスタートを切りました。

そんな状態でタイムを狙いにいくのは論外ですが、「完走」を目的として、レースを楽しむのであればOKです。バスの出発では少し慌てましたが(昨日の記事)、致命的なミスはなく、無事にスタート地点に立てました。

「ベスト」を目指して力が入りすぎそうな時は、「グッド」を意識して、取り組んでみてはどうでしょうか。

ぶれない!投げない!止まらない!
挑戦こそ我が人生!!
||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
【編集後記】
 このレースのオーガナイザーである鏑木さんはじめ、スタッフの方々、地元の方、皆さんのホスピタリティに感謝です。
富田 博之

富田 博之

投稿者の記事一覧

富田 博之(とみた ひろゆき)
ミャンマー現地採用(日系ミャンマー現地法人責任者)。
ミャンマーの人口最大の都市ヤンゴンで、2015年7月1よりコンサルティング事業立ち上げ業務に参画中。1986年9月生まれ。寅年、天秤座、A型。東京都西東京市出身、埼玉県所沢市育ち。

関連記事

  1. 出来ない言い訳ばかり浮かんできた IZU TRAIL Journ…
  2. トレイルランニング、ウルトラマラソンに出場する5つの意味(後) …
  3. 順調な時ほど危険が潜んでいる IZU TRAIL Journey…
  4. 10/23までに申し込みでUSD49$!ヤンゴンマラソンを走る …
  5. ランチームAdmiralで学んだ自己変革の3ステップ DAY.1…
  6. Shangri-La Serviced Apartments垂直…
  7. 我慢する時間帯 IZU TRAIL Journey 2015 E…
  8. ウルトラ系レースはツミカサネ筋をメチャメチャ鍛えられる DAY.…

お問い合わせ

仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はhirovana09@yahoo.co.jpからお願いします!!
PAGE TOP