ランニングの話

トレイルランニング、ウルトラマラソンに出場する5つの意味(後) DAY.74

昨日に引き続き、トレイルランニング・ウルトラマラソンといった、ロードレースとは少し違った種類のレースに参加する意味を、私が独断と偏見で定義していくエントリーです。昨日は「己の限界」、「生きている実感」といったマッチョな感じだったので、後半の今日は違う視点から。

トレイルランニング・ウルトラマラソンに出場する意味

6.日常の精神的・肉体的な疲れも吹っ飛ぶ自然の雄大さを間近で体験できる
2015-03-15 06.28.56

美しい朝日や、マイナスイオンがきっと沢山でている林道などに、癒やされます。

7.地元の名産もあるエイドステーションを体験できる
dsc08078

全てのエイドがそうではありませんが、ランナーに合った地元の特産品などを用意してくれています。特にまだ寒いこの季節では、うどんやご飯といった暖かいものが、非常にありがたいものです。

8.旅を体験できる
10fb7af6e034f301ad9ec3b5c3b2a4aa

特にウルトラマラソンは、レース時間が単純に長く、終えた後は一つの「旅」が終わったかのような体験ができます。

9.人の優しさを実感できる
130930-13

応援の方、エイドステーションのスタッフの方含め、ホスピタリティに溢れている方が多くいらっしゃいます。

10.極上の達成感が得られる
img130f1118zik7zj

シンプルに距離が長いこともあり、制限時間内にゴールできたら、達成感の大きさも計り知れません。

以上、トレイルランニング・ウルトラマラソンに出る意味でした。

ぶれない!投げない!止まらない!
挑戦こそ我が人生!!
||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
【編集後記】
無事伊豆トレイルラン、ゴールできました。

富田 博之

富田 博之

投稿者の記事一覧

富田 博之(とみた ひろゆき)
ミャンマー現地採用(日系ミャンマー現地法人責任者)。
ミャンマーの人口最大の都市ヤンゴンで、2015年7月1よりコンサルティング事業立ち上げ業務に参画中。1986年9月生まれ。寅年、天秤座、A型。東京都西東京市出身、埼玉県所沢市育ち。

関連記事

  1. 野辺山の借り! IZU TRAIL Journey 2015 E…
  2. 時間だけは平等に振り分けられている事実。IZU TRAIL Jo…
  3. 野辺山100kmウルトラマラソン2015惨敗報告 DAY.137…
  4. 順調な時ほど危険が潜んでいる IZU TRAIL Journey…
  5. ウルトラ系レースはツミカサネ筋をメチャメチャ鍛えられる DAY.…
  6. 19時58分 IZU TRAIL Journey 2015 Ep…
  7. ランニングから学んだ淡々さ DAY.3
  8. Shangri-La Serviced Apartments垂直…

お問い合わせ

仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はhirovana09@yahoo.co.jpからお願いします!!
PAGE TOP