抽象的な話

ネクタイの色くらい自分で決めよう DAY.72

学生時代、就職活動を私がしていた頃、ゼミの先輩によく言われたことがあります。
「ネクタイの色が唯一主張できることだ。だからこだわれ」と。
09a0dcd577bcf40dd5669e7db6b16821無理にリクルートスーツなんて着なくてもいいのに、みんな同じようなスーツを着て、同じようなシャツを着て、同じような靴を履いて就職活動をしている学生たち。自分の個性は自分の言葉で語ればいいのですが、外見上はどうしても同じように見えます。
だから、「ネクタイだけは自分の主張したい色にしようぜ」という意味で、先輩は言っていたのだと思います。

人に覚えてもらう

学生時代の先輩の言葉に、当時の私は「そういうもんかな。。」くらいにしか思えませんでしたが、今は「それって大事なことなんじゃないか?」と思っています。まず人に顔と名前を覚えてもらうことって、人づきあいの基本だと思うからです。

それは社内でも社外でも関係なく、特徴がある人は覚えて貰いやすいですよね。例えば、
・ラグビー部で元気の良いM君
・野球ができて溌剌としてるR君
・マラソンが好きなT君
・スーツがおしゃれなY君
・手先が器用なEさん
など。

人に「覚えてもらう」ことで、思い出して貰えることが多くなります。逆に顔と名前が一致しないと、歓送会の後などに「あれ?この人って宴会の時いたっけ」みたいな、ちょっと残念な人になります。イメージはこんな感じです。

images
*ウォーリーを探せ*
「ウォーリーどこですか!?!?」みたいな。覚えて貰えないことで、どんな影響がでるかと言えば、今日はあまりそこには触れません。どうせなら思いだして貰え易いほうが、得だという前提で話しを進めます。

自分の色を知る

自分の色を印象的な色にすることは、人に覚えて貰う目的があるとすると、有効な手段だと言えます。では自分の色ってどんな色なのでしょうか。何となく自分の好きな色ってありませんか?私はオレンジ色が好きな色です。

でも他人から見ると実は、あまりその色は合っていないのかもしれません。だから一度、自分の合っている「色」を知りたいと思いました。そこで今月から「色」について勉強中です。

「自分の色」を知ることで、自分がどんな風に人から見えるのかも学べそうです!

ぶれない!投げない!止まらない!

挑戦こそ我が人生!!
||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
【編集後記】
明日から伊豆トレイルランです。
富田 博之

富田 博之

投稿者の記事一覧

富田 博之(とみた ひろゆき)
ミャンマー現地採用(日系ミャンマー現地法人責任者)。
ミャンマーの人口最大の都市ヤンゴンで、2015年7月1よりコンサルティング事業立ち上げ業務に参画中。1986年9月生まれ。寅年、天秤座、A型。東京都西東京市出身、埼玉県所沢市育ち。

関連記事

  1. ジョギング後のシャワーの法則で年間150冊読破する DAY.40…
  2. 青学の箱駅駅伝初の総合優勝から考えた結論 DAY.9
  3. 突き抜けた人達の共通点は人生で最悪の日を、人生で最良の日にしてし…
  4. 生きるとは行動することである DAY.29
  5. バーチャルに簡単につながることができる今こそ、リアルなつながりを…
  6. ブログの更新回数を1日2回に増やした理由 DAY.324
  7. 結果が出やすいことから始める。凡人だと気づいた時 DAY.64
  8. ミャンマーの友人が教えてくれた。なりたい自分から逆算する DAY…

お問い合わせ

仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はhirovana09@yahoo.co.jpからお願いします!!
PAGE TOP