抽象的な話

自らの実力を知る。カップラーメンの法則 DAY.71

現在の「実力」を知ることって大事だよね!って話を、今日はさせて貰います。

模試で現実を知り奮起する

実力とは「実際に備えている能力。本当の力量」のこと。例えば、大学受験の時に模試って受けましたよね。

ダウンロード

模試の結果次第で、だいたいどの位のレベルの大学を受けようか決めるわけです。模試はある意味、非常に分かりやすいシステムで、獲得できた点数次第でAとかFとかコンピューターが、自動的に判別してくれます。

私の高校の時の友人Y君は、3年時秋くらいの模試判定がD以下ばかりで、「こりゃダメだ。。」と大いに反省したそうです。そこから猛烈に勉強して、彼は同学年で唯一W大学に合格していました。(それ位のレベルの高校でした)
今考えると、彼は模試で自分の実力を「知った」ことで、そこから奮起できたわけです。

ルーキーズの川上

「実力を知る」機会は沢山用意されているはずです。例えば試合とか。(以下、部分的にwiki抜粋)
ルーキーズという漫画で、笹崎高校のエース川上選手のエピソードがあります。彼は中学校時代に安仁屋の松阪中学を相手にノーヒットノーランを達成した位の逸材で、高校入学時には既にイケイケ↑の状態でした。

f4a53fcd-s

↑こんな感じでした。

しかし一年の夏、甲子園にエースとして登板するも、1回表で12失点という屈辱を味わいます。点差が開くなかで川上は、当日の体調や調子を理由にしていました。そんなことにはお構いなしに、点差がどんどん開きますが、監督は川上を変えなかった。なぜか?川上に自分の未熟な実力を知って欲しかったから

ダウンロード (1)

そこでやっと川上は、マウンド上で自分の実力を受け入れます。「一番情けねーのは俺だったのか。。。」と。

3分で実力を知るカップラーメンの法則

このように実力を知る機会は沢山あるはずです。試合、商談、プレゼン、何気ない会話などなど。ですが悲しいことにその機会を活かし切れていないことが多すぎるのです。自分!(特に自分)。さきの高校のY君、ルーキーズ川上どちらも模試と試合という実力を知る機会が用意され、そこで自分の実力のなさ加減を死ぬほど思い知り、それを受け入れました。

何がいいたいかというと、受け入れることがいかに難しいかという話で、当日の体調とか騒音とか調子など言い訳しようと思えば、いくらでもできるはずです。しかし、どんなに人に指摘されて促されようと、やっぱり最後は自分がそれを認めない限り、本当の意味で、成長とか実力を上げるとかは見込めません。

じゃあどうすればいいのかというと、これです。
cap noodle

皆さん、ご存じカップラーメン。カップラーメンって基本3分、長くて5分でできあがります。

つまり3分〜5分で「彼ら」はその実力(旨さ)を披露しています。

だからこうするのはどうでしょう?例えば、

・プレゼンテーション
・営業トーク
・ブログ
・ランニング
・経理
・英会話

例えば、英会話なら3分〜5分考えて、Skepeで外人と話してみるとか、ブログなら3分〜5分考えてからすぐに書き始めるとか。

3分〜5分だけ考えて披露する。そこで自分の実力を認識する。

これを「カップラーメンの法則」と言います。

その時にパッ!と出せるものが実力なので、そのトレーニングとして。

実力を知ることで強くなる。

ぶれない!投げない!止まらない!
挑戦こそ我が人生!!

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
【編集後記】
ルーキーズを読みたくなりますね。

富田 博之

富田 博之

投稿者の記事一覧

富田 博之(とみた ひろゆき)
ミャンマー現地採用(日系ミャンマー現地法人責任者)。
ミャンマーの人口最大の都市ヤンゴンで、2015年7月1よりコンサルティング事業立ち上げ業務に参画中。1986年9月生まれ。寅年、天秤座、A型。東京都西東京市出身、埼玉県所沢市育ち。

関連記事

  1. プリズンブレイクに学ぶ価値提供の話 DAY.97
  2. 成功について思うこと DAY.91
  3. ブログセミナーで感じた参加者に対するおもてなし DAY.38
  4. 言葉の貯金。いつでも引き出し可能な魔法の言葉たち DAY.56
  5. 記録すると成長が実感できるよねという話 DAY.32
  6. しくじり先生。負けを認める DAY.126
  7. 人との出会いが人生を変える DAY.4
  8. ミャンマーの友人が教えてくれた。なりたい自分から逆算する DAY…

お問い合わせ

仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はhirovana09@yahoo.co.jpからお願いします!!
PAGE TOP