抽象的な話

正しい努力をする DAY.69

大人(社会人)になると、求められている「一定の成果」を出せないと評価されません。頑張ってはいるけど、なかなか成果が出ない場合、何が原因なのか分析して、次の行動に繋げる必要があります。

長らく思うような成果がでていないと、自分がずっと停滞期に入っているような感覚に陥ります。経済の動向でいうと「踊り場」です。

rakuten_0302_1

正しく鍛えているか

話は変わりますが、子供の頃体育の授業がありました。

3b754631370326bf8c929205ed773c2e

bc06c32fefc4401aa28b706056bfb1f4

私は運動神経は特によくなかったのですが、鉄棒なら逆上がりが出来るように、縄跳びなら二重跳びができるように、それぞれ練習すれば練習した分だけ、ある程度までは上手くなりました。

筋トレ

大人になってから私は「太い二の腕」に憧れて、一時期週3位のペースでジムに通っていた時があります。
acf5f0a2e1639835d2222dca0c9652d3

1週間、2週間頑張っても細い腕がいきなり太くなるはずもなく、継続して上腕二頭筋を中心に負荷を掛け鍛えました。
すると少しづつですが筋肉がついてきて、3ヶ月くらい継続していたら、「おっ!」という位にまで筋肉の成長を感じました。

正しく鍛えているか?

今日は何が言いたかったというと、「正しく鍛える」ということです。

0aeac9805d930f64e0d8212a16cc5cfc
間違った鍛え方をしていたとしたら、その努力は悲しいですが意味がありません。結果を本当に出したいなら、まずはそれ相応の筋力を鍛えないと。その為にまずやるべきことは、自分のどの部分を鍛えていけば、成果に結びつくのか考えます。それが論理的な思考なのか営業トークなのか、レスポンスの速さなのかは、人に寄ります。

まずは問題(鍛えるべきポイント)を抑える

ぶれない!投げない!止まらない!
挑戦こそ我が人生!!
||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
【編集後記】
当時の二の腕は今では見る影もありませんが。
富田 博之

富田 博之

投稿者の記事一覧

富田 博之(とみた ひろゆき)
ミャンマー現地採用(日系ミャンマー現地法人責任者)。
ミャンマーの人口最大の都市ヤンゴンで、2015年7月1よりコンサルティング事業立ち上げ業務に参画中。1986年9月生まれ。寅年、天秤座、A型。東京都西東京市出身、埼玉県所沢市育ち。

関連記事

  1. プリズンブレイクに学ぶ価値提供の話 DAY.97
  2. 仮免許だけで高速に行ってはいけない。一段づつ進む DAY.57
  3. 100年カレンダーは人生を俯瞰する機会になった DAY.127
  4. 言葉の貯金。いつでも引き出し可能な魔法の言葉たち DAY.56
  5. ネクタイの色くらい自分で決めよう DAY.72
  6. ジョギング後のシャワーの法則で年間150冊読破する DAY.40…
  7. ライザップに学んで、人にケツを蹴ってもらおう DAY.36
  8. 節目を待たずに自分で節目を創る DAY.86

お問い合わせ

仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はhirovana09@yahoo.co.jpからお願いします!!
PAGE TOP