抽象的な話

結果が出やすいことから始める。凡人だと気づいた時 DAY.64

凡人とは普通の人、一般人のこと。
凡才とは平凡で特に優れたところがない才能のこと。
自分が「凡人で凡才またはそれ以下」だと気づいた時、一体どうすればいいのかを、ランナーに例えてみます。

1.目標を決めて行動し始める

d911c66b39e4fbe9317dc18ca5fcd40a
まず行動する。行動しなければ何も始まりません。何も起こりません。
ランナーで言えばまず走ること。「42.195kmを完走する」とまず決めて、それに向かって走り出します。

2.行動し続ける
68cc892c75972d241bc59720cbbdf1ac

行動してすぐに結果がだせるほど才能がないので、地道にコツコツ積み上げます。その時重要なことは、コツコツ淡々とやることです。テンションを上げても下げすぎてもいけません。凡人だと42.195kmのレースで先頭集団にはいません。まず目標は「完走する」ことなので、決して歩みは止めません。

3.行動量を増やす

de2c1431e09b964f4e291b9e54ca6cd1

目標を決めて行動し続けたら、手数を増やします。才能がある人と違って2〜3の行動量で結果がパっと出せるほど、凡人・凡才は才能に溢れていません。だから天才が2〜3なら、20〜30。10倍の行動量をする勢いで動きます。ランで言えば、2〜3のレースで結果はでないので10,20と多くのレースに出て、記録にチャレンジする場を用意しておきます。

4.結果が出やすい行動をする

53f6669f7c3e24cf0d3280469c2334f1

これが私が言いたいことです。
目標を決めて、行動し続けて、行動量を増やしても、人間なので体力、気力には限界があります。凡才・凡人なのでその点、限界点が割と近いです。リタイアしてしまったらそこで試合終了なので、そうならないようにすることはただ一つ。

結果が出やすいことをするということです。

 

手数を多くする時にも、なるべく結果が小さくてもいいので、より結果がでやすいことから行動するべきです。ランで言えば、リタイア率50%のレースよりも、リタイア率25%のレース。

結果が出やすいことから始めましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンプルに考えます。

ぶれない!投げない!止まらない!
挑戦こそ我が人生!!
||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
【編集後記】
凡才、凡人の戦略について。
富田 博之

富田 博之

投稿者の記事一覧

富田 博之(とみた ひろゆき)
ミャンマー現地採用(日系ミャンマー現地法人責任者)。
ミャンマーの人口最大の都市ヤンゴンで、2015年7月1よりコンサルティング事業立ち上げ業務に参画中。1986年9月生まれ。寅年、天秤座、A型。東京都西東京市出身、埼玉県所沢市育ち。

関連記事

  1. 仮免許だけで高速に行ってはいけない。一段づつ進む DAY.57
  2. 「お一人様」こそ社会性を上げるトレーニング DAY.96
  3. 節目を待たずに自分で節目を創る DAY.86
  4. 最高より最速を目指す。ギニュー特戦隊から学ぶ DAY.68
  5. ジョギング後のシャワーの法則で年間150冊読破する DAY.40…
  6. 青学の箱駅駅伝初の総合優勝から考えた結論 DAY.9
  7. マリオカートのゴーストの意味が大人になった今やっと分かった話 D…
  8. 人は変化を拒む生き物。だから意識して習慣を変えてみる DAY.3…

お問い合わせ

仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はhirovana09@yahoo.co.jpからお願いします!!
PAGE TOP