抽象的な話

料理をすると自分の人生が取り戻せる DAY.28

ちょっと前までは冷凍の総菜や、カップラーメン等殆どで自炊していましたが、今は簡単なものばかりですが自分で料理をしています。

その心は、人生の主導権を取り戻す為です。

自分で作るとこだわりが生まれる

料理をすることと、人生の主導権がどう結びつくのか。それはこだわりという言葉で結びつけられます。カップラーメンや電子レンジでチンするものは非常に簡単でいて、激不味でもない代わりに凄く美味しいものでもありません。

サッカー選手で例えると、パフォーマンスとしては常に中の下位で、大きなミスはせず安定していますが、飛躍する期待もできない選手といったところでしょうか。

代わりに自分で料理するとはどういうことかというと、パフォーマンスはレトルト製品などと比べるとブレがあります。特に自分のような、今までの人生で殆ど料理をしてこなかった男が作る料理は、失敗も沢山します。
「不味い。。」とか、「もっと醬油を加えればよかったのか」とか、「味噌を少なめにすればよかった」と思い、「次に作る料理はもっと美味しくしたい!」と想うようになります。

IMG_6201*これは私が人生で初めて作った味噌汁の具材です*
28歳にもなって人生で初めて味噌汁を作りました。

2週間ほど前に行った酒蔵ツアーの時は、自前で一品料理を作っていくことになっていたので、

IMG_6211
*今年の正月についた餅を使って*IMG_6330*【餅ピザ】を焼きました。見栄えが悪すぎて全く美味しそうではないですがw*
このようにして自分で料理をするようになってから気づいたのが、より美味しいものを作りたいという考えから、「こだわり」が生まれるということです。

こだわるから自分の人生も主導権を握れる

これは料理の話ですが、人生にも同じことが言えて、何も考えずにただ会社に行ってお給料を貰っていると、それが当たり前になります。その人生も人それぞれで全く問題ないと思うのですが、私はそれを【人生の主導権】を渡してしまっていると思っています。
だからと行って起業するとか、独立するとかといった話ではなくて、自分の人生にこだわりをもつ習慣をもっておいた方が、より良い人生をおくれるんじゃないかと思っています。だからまずは食べることからこだわりをもって、料理にチャレンジしています。
こだわりを持つことは良いんですが、女性にこだわりすぎる(しつこい)と嫌われます!(自分比)
挑戦こそ我が人生!
||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
【編集後記】
「得意料理はパスタですとドヤりたい今日この頃です。
富田 博之

富田 博之

投稿者の記事一覧

富田 博之(とみた ひろゆき)
ミャンマー現地採用(日系ミャンマー現地法人責任者)。
ミャンマーの人口最大の都市ヤンゴンで、2015年7月1よりコンサルティング事業立ち上げ業務に参画中。1986年9月生まれ。寅年、天秤座、A型。東京都西東京市出身、埼玉県所沢市育ち。

関連記事

  1. 空気入れは程々にという話 DAY.22
  2. 埼玉県は尖った高知を見習おう DAY.31
  3. 大乱闘スマッシュブラザーズで学んだ実験魂 DAY.59
  4. 本気の本気になるには「宣言する&発信し続ける」 DAY…
  5. 経験はリライトできる。失敗を恐れない DAY.125
  6. バーチャルに簡単につながることができる今こそ、リアルなつながりを…
  7. ひどく寝違えたことで原因に目を向ける大切さを学んだ話 DAY.1…
  8. 正しい努力をする DAY.69

お問い合わせ

仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はhirovana09@yahoo.co.jpからお願いします!!
PAGE TOP