私の話

初めてKeynoteでプレゼンした結果、全力はいつでも出せないものだと理解した DAY.23

全力
全力とは自分の力を100%出し切るということです。
「全力さえ出せば乗り切れる!」
「全力さえ出せば結果を出せる!」

確かに全力を出すことで、難局を乗り切れることはあるでしょう。
私もいくつかそんな経験はあります。

でも全力っていつでもだせる訳ではないんです。
今日はそんな話を。

初めてのKeynote

アイキャッチ.001

昨日の記事に書いた通り、つい先ほど【俺のTED〜プレ大会〜】が開催されました。
来週の【俺のTED】本番に向けての前哨戦となったプレ大会でしたが、

全然伝えられなかった

というのが、正直な感想です。

今回Keynoteで初めてプレゼン資料を作成しました。仕事の合間を縫って準備をしていましたが、仕上がったのは開始30分前。
「そんなバタバタ状態でプレゼンをしたら、伝わるものも伝わらない」と言われてしまえばそれまでなのですが、プレゼンを終えて思ったことが、本題の「全力」についてです。

自分がプレ大会で全力を出し切れたかと問われると、答えは「No」です。それなりに準備をして、それなりにプレゼンのイメージもしていました。
結局はこういうことなんです。
アイキャッチ.002それなりにやれば当然、それなりにやった結果(その結果)しか出せません。
本番で急に、準備してきたこと以上の力が、発揮されるなんてことはほぼあり得ません。

私は今回のプレ大会で終わった後、「全力は出し切った」。こう思わなければいけなかったんです。
「それなりにやってしまった」と自覚している自分が、本当の意味で危惧しないといけないのは、

アイキャッチ.003全力の出し方をいつから忘れてしまったのか」ということ。
つまり全力の出し方を忘れてしまっているんじゃないか。ということです。
今回チャレンジして一番学んだことは、「全力はいつでも出せるものではない」ということ。
挑戦こそ我が人生!
||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
あと一週間準備します!

富田 博之

富田 博之

投稿者の記事一覧

富田 博之(とみた ひろゆき)
ミャンマー現地採用(日系ミャンマー現地法人責任者)。
ミャンマーの人口最大の都市ヤンゴンで、2015年7月1よりコンサルティング事業立ち上げ業務に参画中。1986年9月生まれ。寅年、天秤座、A型。東京都西東京市出身、埼玉県所沢市育ち。

関連記事

  1. TED×UTokyo2015から刺激を得て自作TEDをやることに…
  2. 変化が多い年になる予感 DAY.89
  3. シェアハウス(都心)に半年間住んでみて楽だと思う点5個 DAY.…
  4. 予防の大切さを痛感!非日常体験をする為に人生初メンズエステ体験し…
  5. TED×uTokyoから3週間。自作TED!TED×DOJYO開…
  6. 人生で初めて区議会選挙で投票してきた DAY.114
  7. Give&TakeからShareにシフトする DAY.…
  8. シェアハウス卒業記念。8ヶ月間シェアハウスに住んで感じたメリット…

お問い合わせ

仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はhirovana09@yahoo.co.jpからお願いします!!
PAGE TOP