私の話

人生初!トライアスロンにチャレンジ DAY.15

1月も既に2週間(14日間)が過ぎました。
今年立てた目標設定の中で、「自分史上最も多くの前向きな失敗をする」という項目があります。何も失敗をしたい訳ではありません。

例えば、100の戦闘力をもったサイヤ人がここにいるとします。(ドラゴンボール世代の為よく引き合いに出させて貰います)日課となっているトレーニングを淡々とこなしていったとしても、きっとそのサイヤ人は強い惑星に派遣されて、戦闘力の高い敵と遭遇した時に、一瞬で消されてしまうでしょう。

もし100の戦闘力のサイヤ人が、戦闘力を上げたいなら、自分より強い敵と戦い続けないと、強くなれるはずがありません。なぜなら自分より弱いか、同じ戦闘力の敵と戦っても、経験値を得られる位で、自分の限界まで力を出さないからです。

強い敵と戦うということは、自分より強い訳ですから当然、一筋縄ではいかないかばかりか、自分の限界を超えないと勝つことができません。今までの戦闘方法を踏襲しても勝てないのであれば、工夫してどうやったら戦闘力の高い敵に勝てるか、試行錯誤するでしょう。その課程で全く失敗せずに、相手を倒せることなどなく、10トライして1ダメージも与えられず、100トライしてやっと反撃の糸口が、掴めるかもしれません。

そのトライアンドエラーの「エラー」が多ければ多いほど、そこから学ぶことも多く、そのサイヤ人は失敗から学びを得ることで、強くなることができます。その失敗は実際に痛みを伴うので、その反省から同じ失敗を、二度と繰り返さないようにするはずなのです。

チャレンジには学びか成功しかない

サイヤ人の話が長くなりましたが、以上のように強くなりたいのであれば、トライアンドエラーをする。それも圧倒的と言えるほどのエラーをすることで、圧倒的な学びを得ることができます。反対にエラーを恐れているようでは、奇跡が起きない限り敵に勝つ可能性は0で、そのサイヤ人は消されて、宇宙のチリになるのです。

このようにサイヤ人を引き合いに出しましたが、「自分史上最も多くの前向きな失敗をする」とは、私にとっては理想の自分に近づく為の方法で、その為に多くのチャレンジをしています。それが前向きなチャレンジであれば、失敗は学びに変わります。失敗などせずに、目標まで辿りつければ最高ですが、そんなことができる人は稀でしょう。

ちなみに私の例でいうと、これまでの2週間で、
・ある活動を辞めた(撤退する勇気を振り絞った)
・365日ブログにチャレンジしている
・友人たちと数人で自作TEDをすることになっている(プレゼンをする)
・人を集めてランの企画をする
などです。

そして、昨晩決まった私にとっての大きなチャレンジの一つが、トライアスロンに参戦してフィニッシュすること
IMG_6393
*トライアスロンチーム「ポセイ丼」の新ユニフォーム
デザイン、企画、手配して頂きました方々ありがとうございます!
この1年半ランニングはしてきましたが、トライアスロンは未知の領域。自分にとっては色々な意味で、大きく背伸びをするチャレンジとなります。今から楽しみです!

挑戦こそ我が人生!

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
チーム名はポセイ丼。昨晩はユニフォームの受け渡しを兼ねた、キックオフ会となりました。こんな機会を作ってくれた方達に感謝です。
やると覚悟を決めたからにはやります。

富田 博之

富田 博之

投稿者の記事一覧

富田 博之(とみた ひろゆき)
ミャンマー現地採用(日系ミャンマー現地法人責任者)。
ミャンマーの人口最大の都市ヤンゴンで、2015年7月1よりコンサルティング事業立ち上げ業務に参画中。1986年9月生まれ。寅年、天秤座、A型。東京都西東京市出身、埼玉県所沢市育ち。

関連記事

  1. 1日3人とお会いし120人!ミャンマー在住1000人と会う計画進…
  2. 2016年のプロフィールを大幅リニューアル DAY.404
  3. 熱量が高そうな場所に飛び込んでみよう DAY.50
  4. Moneytreeを使って家計簿をつけることにチャレンジ中 DA…
  5. 貢学相長 DAY.37
  6. 2015年の総括!初心表明は赤点だらけだった DAY.400
  7. 寺田本家ツアーで飲んだお酒が史上最高に美味しかった DAY.19…
  8. 予防の大切さを痛感!非日常体験をする為に人生初メンズエステ体験し…

お問い合わせ

仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はhirovana09@yahoo.co.jpからお願いします!!
PAGE TOP